Home > スポンサー広告 > EOS 5D MarkⅡ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

PON URL 2011-11-23 Wed 15:59:00

うぉうぉ5D2だ~(`・ω・´)
うらやましいっす。
フルサイズですね~。しかも2000万画素超え。
写りもファイルサイズもビックですね(笑)
3年で使い倒していいなんて、素敵過ぎます^^
頑張ってくださいね~。」

Non URL 2011-11-23 Wed 16:07:58

PONさ~ん

もうモデルチェンジ直前でしょうし、ニコンなんかD800がささやかれている中での
MK2です(笑) 今底値ですしね。
使ってみた感想は、なんかね、、、とても不思議な感じです。
もっともっと硬い絵なのかと思っていたら、意外にやわらかく、
でもドンと来るシャープさ。
まだ実態がつかめず、すごく不思議な感じを味わっています。
1Dがあの2の路線を突き進んでシャープになっていたらいたら
これに近いんじゃないかな、という気がします。
だから割とスッと入れそうです。

ただですね、、、半押し+振りが苦手な私にとって、
フォーカスポイントのこの少なさはきつい(笑)
それから、シャッターを押してから切れるまでがわずかにわずかに1Dより遅く
気のせいぐらいでタイミングがズレます。。。。
これもまた不思議な感じ。。。。
たぶん私は仲良くなれる機種だと思いますが、
「パコンっ」という聞きなれないシャッター音がするたびに
いちろうが毎回びくっと振り返っています(笑)

Non URL 2011-11-23 Wed 16:14:47

PONさ~ん、追伸:

フルサイズでやっぱりいいなと思ったのが
100マクロが使いやすい!(笑)
気のせいだと思いますが、D700と感覚が近いです。
レンズの倍率をそのままに考えられるのは楽ですね。

PON URL 2011-11-23 Wed 16:31:51

「パコンっ」
確かにそんな音ですよね。よく伝わります(笑)
そっかーフォーカスポイントが中心に寄っているんですよね。
Mark2もあのひし形でしたっけ。
レリーズタイムラグも1D系よりもありますよね。
初代5Dを触ったときも、えらいのんびりしたカメラだな~って思った記憶があります(笑)
でも、フルサイズはやっぱり魅力。
なので、フルサイズ近くて望遠もちょっと有利なAPS-Hが好きなんですよ~(*^_^*)
子どものバレー撮りが終ると、APS-Hも活躍の場がなくなるな~。

Non URL 2011-11-23 Wed 21:20:09

PONさん、早い話がそうなんです。あのレスポンスの速さに慣れていると
「押したのにシャッター切れてない?」みたいな感覚で・・・・
フォーカスポイントも中央付近にひし形です。コレとノイズの少なさについては、ニコンの方が上ですね。。。

私もAPS-Hは好きです。人を撮るときのやわらかさが何とも言えませんね。
でも私はその前に3年間フルサイズ(←D700)だったので、割とこちらでも大丈夫なんです。
ただ、マクロでより柔らかくしたいときはAPS-H。大好きな85mm単焦点はフルサイズじゃないと無理(笑)
厄介ですね。あはは。

ゆきゆき URL 2011-11-24 Thu 19:57:03

こんばんは

オタッキーな話題でも、飛びつきました!!

最近購入した70-300を5D MarkⅡに付けたらどうなんだろうって思ったことがあったので。
実はまだカメラ本体は購入してません。(決めかねています、すぐに必要っていうわけではないからなんですが)

秋葉原に行った時7Dが在庫切れでなかったら、今手元にあったと思うんですが。
在庫切れのお陰で、一度頭の中をリセットして60Dも候補に入れ再考しアドバイスいただきありがとうございました。

70-300、私も軽いと思ってます 笑笑  手持ちでの許容範囲内の重さですね。 








Non URL 2011-11-24 Thu 21:49:11

ゆきゆきさ~ん、ごぶさたしてます!お元気ですか?

今日は初めて5D2で人物撮りをしたのですが、、、
感想としては、やはりこれも作り込んでいくカメラだな、と。
いろいろ思うことはあるのですが、まだ何も理解していないので恐れ多くて・・・(笑)
というのも、知り合いのプロカメラマンで4人ぐらいこのカメラを使っておられるのですが
それぞれ調整の仕方も違うし、料理を撮っておられる方の作品は本当に本当に素敵なもの。
だから、やはりまだ何も分かってないから簡単にどうこう言う前に
基礎を叩かなければ、なんて思いました(笑) いやですね。

60Dは楽しめるカメラだと思いますよ。
私の会社では、全員プライベートで一眼レフを持っていますがそれでも
写真を楽しみたい人と、泥沼にはまりたい人とで別れてしまいます(笑)
一つずつ順を追ってステップアップもおもしろいと思いますよ~~。
まぁ、カメラは逃げませんし、どんどんモデルも変わりますから。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/991-f9dd2640
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from さくらブック

Home > スポンサー広告 > EOS 5D MarkⅡ

Home > マメルリハ > EOS 5D MarkⅡ

EOS 5D MarkⅡ


今日はオタッキーな内容です(笑)
注:いつもですけど。



_S1W6355-2.jpg 

ジャジャーン!!

5D MarkⅡです。



私物ではなく、会社のカメラです。
このほど、カメラ新調。


それまでNikonD300×2台だったのですが、
破格の下取りに出して、突如キャノンを購入してくれました。


一体どーゆー風の吹き回し?!



メーカーを変えるということは
レンズもすべて買い直しになってしまうということ。
しかも、つい数週間前「D3にしましょうよ!」という私の意見は当然却下され
「難しいカメラはいやです」という同僚Mくんの意見を採用し
NikonD7000を買ったところ。。。
だからNikonとキャノンの2社体制に・・・。


全部で30万くらいにおさめてくれという指示だったので
結局5D2ボディ、24-105 f4L、70-300 f4.5-5.6Lとなりました。



70-300mmはちょっと暗めのレンズ・・・
だけど、5Dはフルサイズなので、講演を撮るには300mmは欲しいところ。
それ以上は足で稼ぐのを前提に不要。
ということで、あえて70-300となりました。

70-200は私物を持ち込めばいいし・・・・



望遠2本は大きさもかなり違って、70-300は小さめ。
重量も1キロぐらいだからけっこう楽。
この「楽」という感覚自体がもうおかしいという会社での評価・・・。
本当は十分重いのデス。



_S1W6334-2.jpg 
左)70-300   右)70-200



だけど、5Dのボディに付けてみると、
ボディがかるい分、ちょっとバランスが・・・前のめりな感じに・・・。
これは慣れなんでしょうね。



で、1週間後の海外出張から出動なので、
急いで慣れないといけないわけで、家に持って帰ってきています。

会社で撮ってみた感想は

「泣きそう・・・」


やっぱり5Dと1Dて操作も違うし画質の系統も違う。
1Dに慣れるのに2万枚撮ってやっとこさ・・・だったのに
これがまたいちからとなると、泣きそうなワケで。




今日は家で小鳥を撮ってみました。
いちばん違いが分かるのは、
いちばんよく撮っている小鳥!!そうそう、これよ!



IMG_0054-2.jpg 





IMG_0056-2.jpg 




朝のお掃除中のテキトー写真。
でも、あぁ、なるほど、、、。

きっと小鳥を撮るのは割と早く慣れるかな。


あとは仕事で撮る人物。
ここが一番気になるところ。



「デジタルはせいぜい3年。買ったからには使い倒してくれよ」
と会社からはありがた~い言葉。

もう、使い倒させていただきます!!


ちなみに、フルサイズ2000万画素超の威力でしょうか。。。
データが1枚30MBほどあります。
1D4は22MBぐらい。
ちょっとびっくりでした。



スポンサーサイト

Comments: 7

PON URL 2011-11-23 Wed 15:59:00

うぉうぉ5D2だ~(`・ω・´)
うらやましいっす。
フルサイズですね~。しかも2000万画素超え。
写りもファイルサイズもビックですね(笑)
3年で使い倒していいなんて、素敵過ぎます^^
頑張ってくださいね~。」

Non URL 2011-11-23 Wed 16:07:58

PONさ~ん

もうモデルチェンジ直前でしょうし、ニコンなんかD800がささやかれている中での
MK2です(笑) 今底値ですしね。
使ってみた感想は、なんかね、、、とても不思議な感じです。
もっともっと硬い絵なのかと思っていたら、意外にやわらかく、
でもドンと来るシャープさ。
まだ実態がつかめず、すごく不思議な感じを味わっています。
1Dがあの2の路線を突き進んでシャープになっていたらいたら
これに近いんじゃないかな、という気がします。
だから割とスッと入れそうです。

ただですね、、、半押し+振りが苦手な私にとって、
フォーカスポイントのこの少なさはきつい(笑)
それから、シャッターを押してから切れるまでがわずかにわずかに1Dより遅く
気のせいぐらいでタイミングがズレます。。。。
これもまた不思議な感じ。。。。
たぶん私は仲良くなれる機種だと思いますが、
「パコンっ」という聞きなれないシャッター音がするたびに
いちろうが毎回びくっと振り返っています(笑)

Non URL 2011-11-23 Wed 16:14:47

PONさ~ん、追伸:

フルサイズでやっぱりいいなと思ったのが
100マクロが使いやすい!(笑)
気のせいだと思いますが、D700と感覚が近いです。
レンズの倍率をそのままに考えられるのは楽ですね。

PON URL 2011-11-23 Wed 16:31:51

「パコンっ」
確かにそんな音ですよね。よく伝わります(笑)
そっかーフォーカスポイントが中心に寄っているんですよね。
Mark2もあのひし形でしたっけ。
レリーズタイムラグも1D系よりもありますよね。
初代5Dを触ったときも、えらいのんびりしたカメラだな~って思った記憶があります(笑)
でも、フルサイズはやっぱり魅力。
なので、フルサイズ近くて望遠もちょっと有利なAPS-Hが好きなんですよ~(*^_^*)
子どものバレー撮りが終ると、APS-Hも活躍の場がなくなるな~。

Non URL 2011-11-23 Wed 21:20:09

PONさん、早い話がそうなんです。あのレスポンスの速さに慣れていると
「押したのにシャッター切れてない?」みたいな感覚で・・・・
フォーカスポイントも中央付近にひし形です。コレとノイズの少なさについては、ニコンの方が上ですね。。。

私もAPS-Hは好きです。人を撮るときのやわらかさが何とも言えませんね。
でも私はその前に3年間フルサイズ(←D700)だったので、割とこちらでも大丈夫なんです。
ただ、マクロでより柔らかくしたいときはAPS-H。大好きな85mm単焦点はフルサイズじゃないと無理(笑)
厄介ですね。あはは。

ゆきゆき URL 2011-11-24 Thu 19:57:03

こんばんは

オタッキーな話題でも、飛びつきました!!

最近購入した70-300を5D MarkⅡに付けたらどうなんだろうって思ったことがあったので。
実はまだカメラ本体は購入してません。(決めかねています、すぐに必要っていうわけではないからなんですが)

秋葉原に行った時7Dが在庫切れでなかったら、今手元にあったと思うんですが。
在庫切れのお陰で、一度頭の中をリセットして60Dも候補に入れ再考しアドバイスいただきありがとうございました。

70-300、私も軽いと思ってます 笑笑  手持ちでの許容範囲内の重さですね。 








Non URL 2011-11-24 Thu 21:49:11

ゆきゆきさ~ん、ごぶさたしてます!お元気ですか?

今日は初めて5D2で人物撮りをしたのですが、、、
感想としては、やはりこれも作り込んでいくカメラだな、と。
いろいろ思うことはあるのですが、まだ何も理解していないので恐れ多くて・・・(笑)
というのも、知り合いのプロカメラマンで4人ぐらいこのカメラを使っておられるのですが
それぞれ調整の仕方も違うし、料理を撮っておられる方の作品は本当に本当に素敵なもの。
だから、やはりまだ何も分かってないから簡単にどうこう言う前に
基礎を叩かなければ、なんて思いました(笑) いやですね。

60Dは楽しめるカメラだと思いますよ。
私の会社では、全員プライベートで一眼レフを持っていますがそれでも
写真を楽しみたい人と、泥沼にはまりたい人とで別れてしまいます(笑)
一つずつ順を追ってステップアップもおもしろいと思いますよ~~。
まぁ、カメラは逃げませんし、どんどんモデルも変わりますから。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/991-f9dd2640
Listed below are links to weblogs that reference
EOS 5D MarkⅡ from さくらブック

Home > マメルリハ > EOS 5D MarkⅡ

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。