Home > life > カメラについて (兼 ブツ撮り練習)

カメラについて (兼 ブツ撮り練習)

  • Posted by: Non
  • 2011-06-26 Sun 06:27:00
  • life



 
_S1W6110-3.jpg


つるんとしたおでこ

私の大好きなデザイン






_S1W6096-3.jpg  
                                                             *1D MKⅣ


CANON EOS-1D MARKⅡ

1年ほど前に、私が師とするカメラマンさんが
ポンと貸してくれました。



私がフィルムカメラからデジタルに移行しようと思った頃は
ニコンがラインナップを充実させてきた時期。
それに、知り合いのカメラマンさんは全員キャノン派で
私にとってキャノンは、好きなのに
「わたしごときが踏み込んではいけない聖地」であったのです。


それで、ニコンD80、D300、D700と使ってきました。



そして、「そんなに好きなら使ってみれば」
と貸してもらったのが、この1D2。
2世代前のカメラだけど、うれしくてうれしくて
それはもう使いました。今で2万枚以上撮ってるかな(笑)


画素は800万画素ぐらいかな。
ISOは1000にしても場面によってはノイズが出る。
そして、確認する液晶画面は当時を反映して小さくて
いまいち確認ができない、、、。

でも、そこはさすがにフラッグシップ。
素人の私がワケもわからず撮ったものを
必ず思った以上に景色を切り取り、
その上「絵」にしてもってきてくれるカメラでした。


デジタル機器の進歩は本当に早く
たかだか5~6年前のカメラでも一昔前を感じさせる機能。
でも、だからこそこれをマスターすれば
安易に機能に頼ることない力をつけられるのではと
一生懸命撮ってきました。

その成果があったかなかったかは「?」ですが(笑)





そして、今年3月


_DSC4288-2.jpg 


新たに仲間入り。



もう、めちゃくちゃ悩みました。
本当に決めてしまっていいのか。

私には過ぎたるもの。
趣味で持つには大道楽。

でも、この重いカメラは年を撮ったら持つのがつらいとか、
一生に一度はやってみたいバカがあるとか、
仕事にも使うので「自分支援」だとか
もうわけのわからない理由を並べ立てて
最後はお店から師匠に電話して「今、お店で迷ってるねん」
とか言いながら決めました。



で、、、、、、

手元に来てからが大変。

同じ種類ながら、ⅡとⅣとの違いがあまりに大きく
また進歩が大きすぎて、付いていけない・・・。

ただシャッターを押しただけでは、何も切り取ってきてはくれない。
すべてを自分で作りこんでいくカメラなのだなと実感。
しかも、景色を切り取って来てくれないどころか
ちょっとした手のブレでも忠実に再現するので
ものすごい抜けの悪い写真の量産。


「形は同じなのに、別物だ」


だから、今までD700と1DⅡでやっていた
「こうなるはず」はすべてリセット。


正直なところ、1か月半は撮りながらずっとつらかった。
かなり無理して(笑)買ったのに、
ろくな画質の写真が撮れず、
エントリー機でシーンを合わせて撮った方がきれいに見えそう。
私、いったい何やってるんだろう?って。



もしかして、とんでもない世界に踏み込んだ?
でもいまさら引き返せない。
それに、ニコンとキャノンの色の差、映りの違いが
私にダブルのカルチャーショックを与える。



「小鳥は、いっそのこと、このままニコンで撮っちゃおうか」
「ダメダメ。使い込まないと絶対慣れない」

自問自答の2か月。
そして、なんとなく今慣れてきた感じ。  





            
_DSC4307-5-2.jpg                                                                       
                                                                    *Nikon D700




う~ん、並べると迫力あるなぁ。

・・・と1台はひと様のものなのに、ご満悦。



すると

「慣れてきたなら、そろそろ引き上げかな」



え~~~やだぁぁぁ。

それはそれ、これはこれで好きなんだもん、MKⅡ。
そろそろ忘れたころだと思ってたんだけどな。

どうかこのまま、忘れてくれますように。



なんにしろ、新しい境地を開いてくれた師匠には(一応?)感謝。
新しいカメラは取材で人物を撮るときに
威力を発揮してくれています。
でも、まだ私が使っている機能は、ほんのほんの一部。
これから、もっともっと撮って
仕事で私が一番お世話になり大切にしている人物の
出来る限りの表情を残していきたいと思います。
それが私が今の仕事をしている上での「足あと」かな、と思っています。






**** いずれも1D MarkⅡにて昨年撮影 ***


_S7W2879-2.jpg 



_S7W2965-2.jpg 


_S7W3050-2.jpg 




師匠に「ブツ撮りがわかっとらん!」と大不評の今回の記事、
それでもアップしちゃいました~~。
これも私の軌跡。



スポンサーサイト

Comments: 4

PON URL 2011-06-26 Sun 11:25:45

はい、早速食いつきました(笑)
1D2も1D4も、というか1D系は本当に撮ることの楽しさ、難しさを教えてくれるカメラだと思います。
私が1D2をチョイスしたきっかけは子どものバレーボール撮影でした。
それまで30Dだったのですが、AF性能に惹かれて1D2をGET。
そのAF性能に驚いたのとともに、「こりゃ失敗写真をカメラのせいにはできないぞ」という思いがしました(笑)
このカメラで撮れなきゃ腕のせい(汗)

使い慣れたカメラから新しいカメラに変えたときは、本当に苦労しますよね。
前もお話しましたが、私も個人所有の1D2を仕事でも使っていましたが、職場で50Dを買ったので、しばらく50Dを使ってみました。
が、満足行く写真はなかなか撮れず(汗)
ピンボケとか言うことではなくて、出てきた絵に違和感バリバリで、結局使いこなせないまま1D2を家から持ち出し使ってました。
今では、カメラやDTPを使わない総務部署に異動になり、カメラもインデザインも家で少し遊ぶ程度になりました^^

1D2はそろそろ師匠さんの元へ帰っていくんですね^^
そのままにしてて、「え?返したよ~」って誤魔化せたらいいのに(笑
すでに3世代前の機種。800万画素、液晶小さい、動画撮れない・・・とデジタル性能は今のエントリー機にも劣りますが、AF性能や耐久性、信頼性などのカメラの基本性能は今でも一級品だと思ってます^^
それに「さくらブック」と「In Between Dreams」を繋いでくれたのも、ある意味このカメラ。

と、自分のブログでもないのに長々とスイマセン(;´∀`)
で、何が良いたいかというと、1D2ヽ(´ー`)ノバンザーイ です(笑)

Non URL 2011-06-26 Sun 11:49:23

PONさん、ちはー!
長いコメント大歓迎!むしろこんな独りよがりのものを読んでいただいて
感謝です。

なるほど。PONさんのコメントを読んで、頭にランプ。
撮る楽しさと難しさを教えてくれるカメラ、、、言い得て妙です。
そうなんです。楽しくて難しい。
私はそれまで、下手でも性能のおかげで、効率は悪くてもきれいに撮れるとか
甘いことを考えてたんですが、めった切りされた感じ。
それこそ、違和感バリバリ(笑)
これはPONさんにも泣きつきましたもんね、えぇ、えぇ。
今少し慣れてきた気がします。でもⅡの絵は本当に好きで、
Ⅱの写真をちらっと見ると、心はぐぐーっと引き寄せられます。
なんか恋愛みたい?!
確かに、今のエントリー機の方が数字の性能は格段上だけど、
ISOが上がっても、画素数が上がっても、それを上回る底力がありますよね。
AFの速さ、色の厚み、いいカメラです。


まぁ、、、私は踏み込んでしまったんで
少しずつ、自分仕様を確立していければと思っています。
(でも、Ⅱは返さない(笑)うひひ)
で、PONさんの次のバージョンアップを楽しみに待ちつつ、これだけ泣き言を並べつつ
その時には、「PONさん、慣れですよ、慣れ!」と偉そうな口を叩こうと思っています(笑)


あ、そうそう、動画は付きましたけど、結局使わないです(笑)
ビデオカメラみたいにピントを合わせ続ける機能がないので、
ボケ味は出せるけど、手動でピントを合わせなくてはならない。
やっぱり、カメラの動画はしょせんおまけ。ビデオカメラにはかないませんね。

あすにぎ。 URL 2011-06-26 Sun 18:27:35

ぬぉ、超大人のお買い物じゃん、ですね。
まあ最初から上手く撮れたら面白くないし、
いろんな特徴とかクセを読み解いて、
少しずつ思い通りになってくれたら楽しいですね。
良きアドバイザーもいらっしゃるし。
今度のは総重量はいかほど?
15インチのノートで2.5キロほどだから、
これを片手で扱うのはけっこうきつそうです。
腱鞘炎とか肘、肩の炎症にもご注意くださいね。
ちなみにAirは1キロでちゅ。

えっ、あやたんですか?
今は腕の上で背眠してます。

Non URL 2011-06-30 Thu 12:27:51

あすにぎ姉さん。

だしょ。大人買いだしょ。
おそらく、一生で最初で最後です。ウフフ。
総重量は、標準ズームを付けて2.5キロほど。
望遠で3キロです。
最近、2.5キロでも問題なく片手撮りできますので、
私もムキムキマンですね。

macは欲しいのですが、当分梅干しの生活ですので。。。
・・・・ください。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/872-eeb465c2
Listed below are links to weblogs that reference
カメラについて (兼 ブツ撮り練習) from さくらブック

Home > life > カメラについて (兼 ブツ撮り練習)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top