Home > その他 > セルビアンライフ (終)

セルビアンライフ (終)

  • Posted by: Non
  • 2010-12-01 Wed 00:55:55
  • その他

弟のご両親にお会いし、30分ぐらいで切り上げて
バタバタと空港へ。
セルビアのニコラ・テスラ空港へは車で2~30分ぐらい。


_DSC5793.jpg 

あぁ、またやって来たなぁ、この空港へ。




_DSC5800.jpg 

この小さな女の子も、どこかへ行くのかな。


ヒロはエールフランスでパリへ。
私はブリティッシュエアウェイズでロンドンへ。
飛行機は30分違いぐらいでヒロが先。

バタバタとチェックインして、みんなでほんのわずかな時間、お茶。



_DSC5853.jpg 


音楽家が多いので、時間を作りやすいこともあったのだけど、
みんな、出来る限り時間を作ってくれ、
仕事の都合がつけば、そこから合流してくれていました。





_DSC5862.jpg 


こうやって別れを惜しむのは、何回目だろう。
そして、これからあと何回、こんな思いをするのだろう。


だけど3年前、
「これは、次に会うためのカウントダウンだよ」
と言って、私たちは別れた。
少し長く時間はかかったけど、
そのカウントダウンはゼロになった。
そして、また、新たなカウントダウンが始まる。
その期限は分からない。
だけど、必ずゼロになる日は来ると思う。


友人達は、みんな同じことを言った。
「春になると、緑に覆われて、花が咲いて、とてもきれいなんだよ。
だから、次は5月。7月か8月でもいいかな。
ミニマム2週間で来るんだよ」

そこまで休むには、仕事をリタイアしないといけないかもね(笑)
でも、ヒロと私の中では
「5月、ミニマム2週間」が合い言葉になった。



_DSC5857.jpg 



仕事をしていると、ついカリカリして仕事第一の生活になったりする。
肩肘張って、いつの間にかかぶってしまった
がちがちの鎧。
そんなものを、海外の友人達はいとも簡単に壊してくれる。

人生にとって大切なのは何か。
それがまた、日本で暮らす私にとっては、
混乱のもとになることもある。


空港で別れ間際にそんなことを話したミーナ。


「それは当然よ。だけど、それでも私は人と出会いたい。
違う文化、違う伝統を知ることは、私をまた大きくしてくれる。
今回、私はあなた達と出会った。そして、これから
あなたたちを通じて、さらに日本の友人が増えるのを楽しみにしてるわ」


ミーナ、私たち、けっこう気が合うかもね。
私もセルビアの友人が増えるのを楽しみにしてるよ。





そして、ヒロのあと、私もみんなに見送られ、
セルビアを出国。
Mikiの大~~きな投げキッスをしっかり受け止めてね(笑)




_DSC5875.jpg 

搭乗ゲート。

3日前、私はここからセルビアに来た。
そしてまた、ここから帰って行くんだなぁ。



_DSC5873.jpg 


ふと思った。

もし、私がイギリスにでも住んでいれば、
沖縄に行くぐらいの気持ちで、再々会いに行けるのに。

でも、もしイギリスに住んでいたら、
きっと会いに行けていないだろう。
仕事、生活。今の状態だからこそ、会いに行けた。
日本で「仕事辞めてやるー!!」って
わめきながら働いているからこそ、また会いに行ける。

私には日本に家もあり仕事もある。
だから、やっぱり日本に帰ろう。
帰りたくないわけじゃない。
ただ少し、手をのばしても触れない距離にいるのが
つらいだけかな。



_DSC5881.jpg 



パリにいるヒロからメール。

「パリにも飽きて、そろそろ姉さんが恋しく?なってきました。
セルビア、また行きたいですね」



ぜひ、

5月に、ミニマム2週間で(笑)


スポンサーサイト

Comments: 4

おっ、師匠さん URL 2010-12-01 Wed 04:50:13

新たなる出会い。新たなる経験。
そして幸せになるためへの新たなる素敵な自分の発見。
たくさんの優しさに触れてこられたようですね。
そして抱えきれないほどの幸せを感じられたようですね。
よかったね。

さっ、また年末に向かって働け~~~~~~!!(笑)

Non URL 2010-12-01 Wed 23:30:07

師匠スー丼

2年前、1年前にも、行く行くと言ってたセルビア。ついに行っちゃいましたよ。
ここにたどり着くまで、本当にいろいろあったけど、
行って良かった。それから、会えて良かった。
彼らとは、これからもそれぞれ形を変えながらも付き合っていくんだろうな。
たぶん、また行くと思うのだけど、「5月、ミニマム2週間」仲間入りしません? 
今回も、ヒロユキとの話の中では、君はメンバー入りしてたんだけどなぁ。
なにしろ、バッテリーグリップのカメラを持つには、屈強な男が必要です(笑)
いやいや、そのためだけじゃなく・・・(笑)

え~~~っ、、いやだけど、また働くかぁ。。。
東京の撮影、よろしくぅ!!


URL 2010-12-02 Thu 19:32:47

五月・・・。おうちが建つと同時にセルビア行きしちゃおうかww
その前に語学勉強しなければ。
もぉ英語なんて使う機会全然ナシだよー。
あ、師匠の弟子の次男、テストで英語良かったらしく、
「オレ、外人(言い方間違い)になれる。」と
ゆっとりますので、ぜひご一緒にww
英語が苦手なあなたの弟子も根性つけにww
これで荷物係はばっちりねww

Non URL 2010-12-02 Thu 19:48:31

羽ちょ、

いっちゃおうぜ、いっちゃおうぜー!!
てか、羽ちゃんはすでに日本迎え撃ち組のメンバーにも入ってるんで、よろしくね。
Tくんのあの度胸なら、初対面のセルビアメンバーでも大丈夫。
めっちゃ楽しめるよ。
甥っ子も、私が不思議な外国人をよく実家へ連れていったおかげで
英語に燃えております。もう私抜かれてる。
英語は、yes,no, thank u,sorry だけでもけっこう暮らしていけると私は思う(笑)
あ~~、いつか会ってほしいな~~~。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/647-1e40cb4b
Listed below are links to weblogs that reference
セルビアンライフ (終) from さくらブック

Home > その他 > セルビアンライフ (終)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top