Home > スポンサー広告 > セルビアンライフ 4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

ちゅん子 URL 2010-11-28 Sun 21:41:26

はぁーい!呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!!ちゅん子です♪
(…って古いっちゅーねん!!)

わかります。もちろん。
そして、彼の楽器は、日本のオーボエ吹きに人気の2大メーカー
マリゴでもロレーでもないこともわかります。

お友達を訪ねていく旅はいいですね。
私も来年はスウェーデンの田舎街、リンショーピンへ友人を訪ねて行くと思います♪

もう日本ですよね。無事に帰っていらして何よりです♪♪、

ちゅん子 URL 2010-11-28 Sun 21:43:05

わーい!!家からでも書き込みできた!!
何故?あのころはヘンなワードばっかり書いてたかしら??
でも、書き込みできるようになってよかったー♪嬉しいです♪♪

Non URL 2010-11-29 Mon 23:51:17

おぉっ、ちゅん子さん、無事に書き込めたようですね。

なんだったんでしょうね。私も以前コメントのお返事ではねられたことがあります。
その時は、NGワードだったんですけどね。

やっぱりオーボエのリード、分かりますよね。
私はクラリネット吹きだったので、分かりませんでした。
たばこかと思いました(笑)

東ヨーロッパの友人達は、経済的なこともあるのでしょうけど、
バイオリン奏者でも日本人ほど高級なものは持っていなかったりします。
一度、イギリスの英語の先生の家にホームステイしたとき、
バイオリンを持って行こうとしたことがあって、
バイオリンの先生から「向こうに持って行ったら、びっくりするくらいいい音がするわよ」
と言われたことがあります。
向こうの楽器だからか、気候が合っているんでしょうね。
なんだか「イタリアに帰りたい」とバイオリンに言われている気がしました。
結局、超高級でも初心者用でもない中途半端な金額のバイオリンに合う保険がなく、
持参はあきらめましたが、今でもどうなんだろうと気になっています。
スウェーデンですか。いいですね!!
私も今回の旅で、時々旅をしようと思いました。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/643-c63efca6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from さくらブック

Home > スポンサー広告 > セルビアンライフ 4

Home > その他 > セルビアンライフ 4

セルビアンライフ 4

  • Posted by: Non
  • 2010-11-27 Sat 00:32:55
  • その他

今日の外出までに、まだ時間があるので、
予約投稿できそう(笑)




re-5208.jpg 


セルビアンブラザーのおうちから、
宿泊している友人の家へ徒歩で向かい、
その途中でも少し観光。

こちら、中は改装中だったけど、
賛美歌が流れ、荘厳な雰囲気でした。
今まで、キリストの宗教画がこわかった私だけど、
この国の人の歴史や心を感じた時間でした。




re-5220.jpg 

このバス、日本から寄贈されたか、何か協力があるらしく
(いいかげんですみません・・・)
前の扉の付近にJAPANとかかれています。
また、セルビアと日本の旗もペイントされていて。
意外なところでつながりがあるのですね。




re-5225.jpg 

まっくらだけど、夜の6時ぐらい。
お店を通りかかると、包帯した犬が。
野良犬が多いのですが、みんなフレンドリーです。




おうちに帰って、1時間眠ったあと(まだ時差ボケ・・)
夜9時から、友人たちが今年ウェディングパーティーを行った
レストランへ連れて行ってくれました。
友人たちも全員集まってくれ、9時から1時ごろまで大パーティー。


re-5244.jpg 





re-5272.jpg 


数々のセルビア料理。
「ここの料理はすべてがおいしくて、目をつぶってメニューを指さしても
間違いはないんだよ」と。



re-5270.jpg 



re-5275.jpg 


この国に来たときから
「ここで5キロは太って帰ってもらうからね」
と言われていた通り、どんどん出てくる出てくる。

それもすべておいしくて、
何よりもこうやって、友人たちがみな時間を割いて
やってきてくれるのがうれしい。

もし私なら、誰かが訪ねてくれたとき
こんな暖かいもてなしができる?
相手に気をつかわせないような気の使い方が
できるかな。

家族、友人、仕事、
今まで自分がやってきたことを
外国の友人たちはいつも振り返らせてくれます。




re-5283.jpg 


陽気なバンドの演奏もあり、
リクエストすると歌を歌ってくれます。
そして、アコーディオンにお金を挟みます。

もう、みんな陽気でどんどんリクエスト。
そして、どんどんお金を挟む(笑)

私とヒロは、「ここではお財布はいらないのよ」と
両替に連れて行ってもらえず、
セルビアディナールではなく、ユーロを挟みました。あはは。




そして、かなり酔った弟。
おもむろに取り出したのが・・・


re-5374.jpg 

これ、分かる人いらっしゃるかな。
ちゅん子さんぐらいかな。





re-5379.jpg 


オーボエのリード。
バンドに合わせて即興で吹いてくれました。


実は、日本で一度もオーボエを聴いたことがなく
いつかセルビアで演奏を聴かせてね、と言っていたので
突然その夢がかなったわけで、、、。

またカンゲキ。

ちなみに、今日(26日)は彼のオーケストラのコンサートを聴きに行きます。



レストランにいあわせた方々も、大喝采。



そして、締めにデザート・・・・
さいずはもちろん、セルビアンサイズ


re-5353.jpg 


おなかいっぱいだから、半分でと言っていたら、
これが半分だといわれ、出てきたのがフツウにでかめの1個分。
隣の弟を見ると、この倍はあり、、

さらに驚いたのが、パンケーキ。


re-5355.jpg 

お皿じゃなくて、お盆ですやん、これ。


これを彼はひとりでたいらげ、
楽しいパーティーは1時に散会。

本当にありがとうございました。


(いつか分かりませんが)続く。




スポンサーサイト

Comments: 3

ちゅん子 URL 2010-11-28 Sun 21:41:26

はぁーい!呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!!ちゅん子です♪
(…って古いっちゅーねん!!)

わかります。もちろん。
そして、彼の楽器は、日本のオーボエ吹きに人気の2大メーカー
マリゴでもロレーでもないこともわかります。

お友達を訪ねていく旅はいいですね。
私も来年はスウェーデンの田舎街、リンショーピンへ友人を訪ねて行くと思います♪

もう日本ですよね。無事に帰っていらして何よりです♪♪、

ちゅん子 URL 2010-11-28 Sun 21:43:05

わーい!!家からでも書き込みできた!!
何故?あのころはヘンなワードばっかり書いてたかしら??
でも、書き込みできるようになってよかったー♪嬉しいです♪♪

Non URL 2010-11-29 Mon 23:51:17

おぉっ、ちゅん子さん、無事に書き込めたようですね。

なんだったんでしょうね。私も以前コメントのお返事ではねられたことがあります。
その時は、NGワードだったんですけどね。

やっぱりオーボエのリード、分かりますよね。
私はクラリネット吹きだったので、分かりませんでした。
たばこかと思いました(笑)

東ヨーロッパの友人達は、経済的なこともあるのでしょうけど、
バイオリン奏者でも日本人ほど高級なものは持っていなかったりします。
一度、イギリスの英語の先生の家にホームステイしたとき、
バイオリンを持って行こうとしたことがあって、
バイオリンの先生から「向こうに持って行ったら、びっくりするくらいいい音がするわよ」
と言われたことがあります。
向こうの楽器だからか、気候が合っているんでしょうね。
なんだか「イタリアに帰りたい」とバイオリンに言われている気がしました。
結局、超高級でも初心者用でもない中途半端な金額のバイオリンに合う保険がなく、
持参はあきらめましたが、今でもどうなんだろうと気になっています。
スウェーデンですか。いいですね!!
私も今回の旅で、時々旅をしようと思いました。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/643-c63efca6
Listed below are links to weblogs that reference
セルビアンライフ 4 from さくらブック

Home > その他 > セルビアンライフ 4

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。