Home > life > 万年筆 Montblanc Meisterstück #146(前)

万年筆 Montblanc Meisterstück #146(前)

  • Posted by: Non
  • 2010-11-06 Sat 15:06:03
  • life


キャップの先に白い星マーク

ブランド力の強さがきらいで、避けていた万年筆



_S7W4502-2.jpg 



今を去ること?年前の25才の頃、
お礼状は一生懸命手書きにしていた私


和紙の便せんにボールペンでは失礼で
筆書きは出来なくて
水性ボールペンではにじんでしまう

何で書けばいいのか、と悩んでいた私に同僚が
「万年筆がいいよ」と教えてくれた



じゃ、どの万年筆を選べばいい?

とりあえず買ってみたwatermanは太字で書きづらく、
そんな私を見かねて相棒が、「学生時代から使っていたものだから」と
1本の万年筆を貸してくれた


Montblanc  Meisterstück #146
私がもっとも避けていた万年筆



「どうせ、名前ばかりなんでしょ」
そう思って使ってみると、なんとも絶妙に固くてやわらかいペン先
いっぺんにファンになってしまった私


だけど、私のこの万年筆に対するイメージは
お医者さんが白衣に刺していたり
会社経営者が きれいなバッグから取り出すというもの
たかだか25才かそこいらのペー社員(←今もかわらず)が持っても良いのかどうか・・

そんな思いで再び悩んでいたら、
「そんなに好きなら、クリスマスにプレゼントするよ」と相棒が言ってくれた


だけど、せっかく買ってくれたのに、
いろいろあってもらえず終い
結局、以降会うこともなく、
お父さんの会社への入社祝いにと、万年筆とおそろいで買っておいた
シャーペンとボールペンも渡せず終い



もう、万年筆をもらうこともないのだろう、と思い
watermanの細字を買ってみた

ダメ、かたすぎる・・・


ペリカンを買ってみた

ちがう、これじゃやわらかすぎる


結局2本の遠回りをして、自分で買ったマイスターシュテュック#146
その時感じたことは、今でも私の買い物の時の教訓になっている

「適当に妥協しても、遠回りして必ずたどりつくのなら
高くても安くても、最初から一番気に入った1つにしよう」


自分で買った#146
新しい万年筆らしく、ペン先が固くて細かった




(後編へ)
スポンサーサイト

Comments: 2

片羽インコ URL 2010-11-07 Sun 08:38:11

使うものなら何でも、妥協するとイマイチなことがよくありますよね
万年筆、私も就職するときにいただきましたが
う~ん最初と今とは使い心地が変わってるようなρ(^0^* )
ペン先が自分の筆圧とか書き癖に合ってきたかな?
最近は使う機会が減っちゃってますけど、

それと、数年前?
25?にちょっとびっくりw(*゜o゜*)w

Non URL 2010-11-07 Sun 09:33:22

片羽インコさま

万年筆は、その人の書き癖に合わせてどんどん変わっていくそうですよ。
新しいのはちょっと書きづらく、書き癖に合わせてペン先を削ったり調整してくれる
お店もあるんです。
私が今持っているのは元々男性用なので、結構重くて
本当はキャップを本体に付けて書くようにバランスを考えられているようなのだけど
とてもキャップを付けては書けません(笑)
最近、本当に手書きをすることが少なくなってしまって、
やっぱり少しのんびりすうrことも必要なのかな、と思いました。

あ、?年前の25才というのは、正確には、??年前の25才ですね。あはは。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/618-1a905587
Listed below are links to weblogs that reference
万年筆 Montblanc Meisterstück #146(前) from さくらブック

Home > life > 万年筆 Montblanc Meisterstück #146(前)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top