Home > その他 > ルーマニア 1

ルーマニア 1

  • Posted by: Non
  • 2010-10-21 Thu 23:57:44
  • その他

インコネタでなくて失礼します。

夜にもちょこちょこと写真は撮っているのですが、
アップするにはひどくて、どうしても載せられません。。。。


しばらくお休みしようかとも思ったのですが
訪問者さまを見ていると、
とりあえず、続けよう、と思います。


今、平日は忙しいので、少しインコネタから外れますが、
今日は、4年前に行ったルーマニア。

この頃、フィルム一眼からデジタル一眼への移行を始めた頃です。




DSC_0013-2.jpg 



関西空港から出発
この頃は、まだJALがヨーロッパ便を飛ばしていたので
毎回JAL利用でした。



DSC_0026-2.jpg 

お昼発のロンドン経由。
アムステルダムやイスタンブール経由の方がいいのだけど、
ぜったいヒースロー経由にしてました。
たとえ入国しなくても、イギリスに降りよう、と。
ルーマニアを3時間通り過ぎ、また3時間かけて戻るのだから、効率は悪いものの、
アムステルダム経由だと、空港で6時間ほど待ちがあるというのも、
避けていた理由の一つでした。





ヒースローでBAに乗り換えて、
ブカレスト着は深夜。

DSC_0032-2.jpg

空港まで迎えに来てもらい、
初のルーマニア。





これが、滞在したアパートの周辺

DSC_0048-2.jpg 

チャウシェスクの独裁政治だった国。
こういう国独特の、ものすごく無機質でボロボロなアパート群が
大通りの両脇にそびえ立っていたりします。
中はけっこう改装されていますが、
エレベーターは木製だったり、扉は手動だったりすることもあり、
箱が到着していないのに扉を開けて、落っこちてしまう人もいるらしい。。。





DSC_0065-2.jpg 


11月中旬だったので、クリスマスの飾り。
結局私って、今も以前もこの頃か2月しか、
仕事を休めていないのかも。。。






DSC_0070-2.jpg 
街には、外犬くんの群






DSC_0073-2.jpg 







DSC_0090-2.jpg 

ルーマニアの国産車、ダチア。
こんな大きな物を積んでも許されるのかな。





DSC_0097-2.jpg 

いくつかの町や村を通り、
どうやら目的地に着いた模様。

ちなみに、連れ回ってもらっていたので
一体どこを回ったのか、あまり覚えていません。

なにしろ、時差ボケで・・・。




DSC_0118-2.jpg 




DSC_0133-2.jpg 


お城?のようなところ。
ちなみに、ココは翌年にも訪れました。




このお城の外には、意外な動物が!



DSC_0184-2.jpg 

子ライオン~~~♪

これで二ヶ月ですって。10キロぐらいあったのかな。
ずしんと重くて、動物のにおいがしていました。

毛が付く~~においがつく~~とだだをこねたら、
友人がジャンパーを貸してくれました。





DSC_0173-2.jpg 

抱き方が気に入らなかったのか、
眠そうにしていたこの子、突如吠え出す!!

鳴き声は、「ニヤ~~」って感じでした。
大きな子ねこみたい。

でも、鳴くたびに、少し爪をたてて、足をにぎにぎするんですよ。
ひょ~~~。



で、子ライオンをお返しし、
ジャンパーもお返ししました。


DSC_0185-2.jpg 

肉球に触る友人。

なんか、怒りそうな顔してるよ~~。


続く:



スポンサーサイト

Comments: 6

ちゅん子 URL 2010-10-22 Fri 01:52:15

こんばんはー、ちゅん子です。

きゃ~~、子ライオン!! かわいい&コワい!!!!!
もう少し小さくないと、抱っこするのこわいですねぇぇ。
でも、よく富士サファリパークとかでやっている、ライオンの赤ちゃん抱っこっていうの
1回でいいからやってみたいと思っている私でした。

ルーマニアですか~。行ったことないです。
なんか、空がきれい。
空は同じなんだな~、と、よくわからないけど感動してしまいました。
11月って、ちょっと寒いですけど、旅行するには悪くない時期かもしれませんよ!
クリスマスの飾りがあって街がきれいだし、旅行代金安いし
暗くなるの早いですけど、12月よりはマシだって、よくわからない気休めが自分にできるし♪

他の鳥さん友達の、丁寧で長いタイ旅行レポートを拝見したあとでもあるので
なんだかとっても、自分も海を渡りたくなっています。
海外旅行の、あの、なんとも言えない解放感が大好きです。
いつもと違う、ゆっくりした速さで時間が流れる感じも好き♪
日本と違う、乾いた空気も好きです♪

レポの続き、楽しみにしています♪♪

ハリー URL 2010-10-22 Fri 10:01:20

コマネチの国、ルーマニア(古っ)
チャウシェスク関連のニュースが衝撃的なものが多かったせいか、明るいイメージがもてませんでした・・・
でもNonちゃんが何度も訪れるぐらいだから、いいとこなのね、きっと。(イメージ修正)

コマネチさんがオリンピックで活躍した頃、確か私は小学生で、あまり外人さんも見たことがなくって(昭和だー)、あの彫りの深さにびっくりしたもんだったな。。。あ、美人さんが多いから、ツンとした風に見えるのかしらん・・?

ライオンの子、かわいい~
誰かのペット?(え?)
サファリパークみたいに、観光客用にいる子なのかな?
最後の写真、鼻のヨコ引きつってる~^^ ウチの犬はこんな顔をしたら2秒後に噛むよ^^

sumiremaman URL 2010-10-22 Fri 20:29:11

楽しい~~~!
海外旅行している気分になりましたー^^
ルーマニアは行ったことないなぁ。。。
閉ざされていた独特な雰囲気がありますね。

Nonさんライオン触ったことあるんだぁ、いいなー!!!!
続きも楽しみです♪
でもお疲れでしたら無理なさらないでくださいね。

Non URL 2010-10-23 Sat 14:00:02

ちゅん子さん、こんにちはー。

冬のヨーロッパは、日暮れが早くて、(というか、日暮れ前に時差ボケで寝てた・・・)
朝も遅いし、クリスマスの飾り以外はいいことなさそうですぅ。
しかも、寒い(笑)

ルーマニア、自然と食べ物と素朴な暮らしを満喫するには
いいところですが、買い物なんかは期待しないことですね。
私も、たまに無性に海を渡りたくなることがありいますよ。
ライオンの子は、子どもとはいえけっこう重かったです。
しかも鳴きまくって暴れ出し、手が付けられない状態に・・・
ニャオ~ギャオウ~でした(笑)

Non URL 2010-10-23 Sat 14:12:57

ハリーさま

そうです。コマネチの国、ルーマニアです!!
実は私、コマネチって何のことだかよく分からなくて(たけしのギャグ?とか思ってました・・)
ルーマニア人の友人が出来てから、ちゃんと調べて知りました。。。
いえ、時代はかぶってると思うんですけどね。。。

ルーマニアの女性って、本当にきれいですよ。
アメリカ人みたいに鼻高々でもなく、金と黒が混じった感じ(白人系とアラブ系?)
で、その中間な感じが、誰からも「きれい」と言われるゆえんだと思っていました。
日本人みたいに、洋服や髪型で必死に着飾らなくても
迫力のあるきれいさでした。
でも、ルーマニア人男性たちいわく、「日本人女性って、ひざがとてもきれいなんだよ」。
それから、いい香りがする、と。

そうそう、ルーマニアは、ですね、かなり好き嫌いが分かれると思います。
2回目ぐらいから、ようやくその良さが分かってくる感じです。
最初は、わけがわからず、カルチャーショックが大きかったです。

Non URL 2010-10-23 Sat 14:18:06

ママン~~、ついに1回休みしました。

続けることが目標になりつつあり、ルーマニア写真も、とりあえず適当に
貼り付けただけだったので、、、

ルーマニアは、本当に閉ざされた感じのする国でした。
あのタイプの国って、どうして子どもの来ている服も
原色とかピンク!みたいなのとか、きつい色が多いのでしょう。。。
3年前って、まだフィルム中心だったので、あまりデータはないのですが、
ぼちぼちと続編行きます。
あ、そうそう、私高尚でもなんでもないんですって。あはは。
芸術系は、母が好きだったみたい。よく美術館につれていかれ
ワケも分からず「早く帰ろうよ~~」とか言ってました。
父はよく母に、「そんなのに言って、お高くとまってないか?」って
言っていましたけど、母は今でもよく美術館に行ってパンフレットを
買って帰ってきます。
そういうのが好きなんですね。
私もようやく美術館へ足を運ぶことが理解できるようになりました。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/597-32b01896
Listed below are links to weblogs that reference
ルーマニア 1 from さくらブック

Home > その他 > ルーマニア 1

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top