Home > マメルリハ > いちろう、病院へ行く

いちろう、病院へ行く



今は元気です 




昨日のことなんですけどね、

前の日まで元気だったいちろうが
なんだか変。
まず、胸に@を付けている。

今まで、いちろうが体に@を付けていたことなんてなくて
しかも胸のどまんなかだったので、
体の中から何か出てきているのかと、もうびっくり。

だけど、それだけじゃなくて、足取りがおぼつかなく
止まり木の移動をするのも大変そう。


これはおかしい。。。

いつも、元気にくるくる動き回って飛びついてくるいちろうなのに。。。

もしかして、どこかから落ちて足を折ったとか
胸を打ったとか、、、
昨日まであんなに元気だったのに、、。





1時間様子を見てみたところ、食欲はあるけれど
動きがおかしいので、キャリーに入れて病院に連れて行きました。



実は、いちろうが病院へ行くのは初めて。

飼い方としては責められるかもしれないけど
人間でもいやな病院というところを
あんな小さな子に体験させて、
わけもわからないままストレスを与えたくなくて
至って元気だということもあって、健診には行っていませんでした。

でも、今回はそうは言ってられず、
ちょうどいい機会だから、診察と健診をお願いしました。




結果、骨折類はなく、足もしっかりしているし、
体重は28gだけど、筋肉もいい感じでついているとのこと。
飼育環境も問題なく、糞便検査も異常なし。

小鳥専門医じゃないので、これ以上は分からない、、、ということで
様子を見ることになりました。



京都には、小鳥専門医がないんです。
犬、猫がメインで、その次はうさぎ、フェレットなど、
そして付け足しのように小鳥。
だから、あまり行きたくないというのもあるんですが。。。


案の定、病院に入れ替わり立ち替わりやってくるのは
犬と猫ばかりでした(笑)



いちろう、診察カードに「いちろうちゃん」と書いてもらい
院長先生も「いちろうちゃんの様子を見ていますと、ですね・・・」と
「ちゃん」付けで呼んでくれるわけで
こりゃ動物が好きじゃないとやってられないね(笑)



2日間、段差の少ないキャリーで過ごし、
もと通りに動くので、今日の夜、いつものケージに戻しました。
本当に心配しました。

心配の副産物なのか、
心なしか、いちろうがあまえんぼうになったんですよ。
あまり体を触らせてくれない子だったのに、
カキカキをねだってきたり、甘えてきたり、
なんだかいちろうの声が聞こえる気がします。
そうそう、さくらとやってきた関係に近づいた気がします。
(遅いっていう突っ込みは無しね!)




SW78645.jpg 



・・・で、今日には、またせっせとカメラの破壊活動に精を出すいちろう。



昨日、病院からの帰り、
少しでも移動の疲れを軽減してあげたくて、タクシーで帰りました。
運転手さん、カバンにいれたケージをのぞいて
「犬・・・ですか?」


小鳥だということと、体調を崩したという話を道すがらして、
到着したときに
「幸せな鳥ですね。お大事に」と
傘をさして、ぬれないように見送ってくださいました。


そういう運転手さんも
飼っていた石亀が体調を崩して、
大阪の病院へ10回ぐらい通ったそうです。


「亀は万年って言うのに、20年しか生きませんでしたよ」



結構長い方だと思うんですけどね。




スポンサーサイト

Comments: 10

sumiremaman URL 2010-07-14 Wed 23:44:07

とりあえず様子見で、今は元気なのですよね??
びっくりしました~~~~。
Nonさん大変でしたね。
ちょっとの変化に気づいて病院に行ったNonさんのフットワークの軽さが、
さくらちゃんやいっちゃんがいつも元気で可愛い姿を見せてくれる理由なんだなって思いました。
さくらちゃんといっちゃんは、Nonさんとこにこれてほんと幸せな鳥ですね。

cup URL 2010-07-15 Thu 00:17:51

いちろう、どうしたんでしょうね?
とりあえず何もなかったようなんで、ちょっと安心・・・。
京都に鳥専門のお医者さんがいないってのがかなり以外な感じです。
いちろうが甘えん坊になったのは
何事を差し置いてでも自分を病院へ連れて行ってくれたNonちゃんのことを
より一層好きになったからだと思いますよ。

Rakuちゃん URL 2010-07-15 Thu 00:34:04

うわっ。読んでちょっと焦りました。
ものすごく心配だったでしょうね・・。その後は大丈夫ですか?
大事がなさそうなら、本当になによりでした。
でも、でも、でもでも!
おせっかいって言われるのは承知で、言ってしまうぞ~~~。
わたしも以前は、健康そうだし、近くには鳥を診られる病院もないし、
行くだけで鳥にはストレスなんだし。って、思ってました。
でも、大げさでなく、鳥さんは具合の悪いことを隠すんですから。
もしかしたら、さくらちゃんにだって影響があるかもしれないんですから。
これをきっかけに、ぜひ、信頼できるお医者探しを!

マメ母 URL 2010-07-15 Thu 10:39:43

いちろうくん大丈夫ですか?
心配だったでしょう。
こういう時飼い主って何にも出来なくて、
ただ心配する事しか出来ない歯がゆさに涙出てきちゃいますよね。

とりあえず今の所心配なさそうだけれど、
鳥さんの体調は本当に分かりません。(通院暦の長い私です。)
ちょっとおかしかったらすぐに病院に!
きっと鳥さん好きな先生がいらっしゃる病院がありますよ!

Non URL 2010-07-15 Thu 12:47:02

sumiremamanさま

ご心配をおかけしました;;
今は元気にしています。
でも、原因が分からないだけに、
私も腫れ物に触るようです。

先生がおっしゃるには、ヘアスプレー、外の工事のにおい、
あたらしいテフロン加工のフライパン なども良くないらしく
うちはキッチンが対面式で、リビングと全く壁がないので
料理も気をつけないといけないな、、と思いました。
病院も、少し待てば開く時間だったのが幸いでした。

Non URL 2010-07-15 Thu 12:51:14

cupさま

そうなんです。京都に鳥専門医はないんです。
だから、犬猫のついでに看ます・・・っていう病院で
へんな扱いをされても困るっていうので、
なんとなく病院に行く気もしないんですよ。
でも、さくらをお迎えするときに、おすすめの病院を
聞いていたので、すぐに向かうことが出来ました。

いまのところ、元気にしてますが、なぜか夜に
落ち着かないみたいで、ケージの天井から
ぶらーんとぶら下がって寝ているんですよ。
これがまた心配です。
でも、何かまたひとつ遠慮の壁がなくなったみたいで
いちろうがまた一歩心を開いてくれた気がします。

sun URL 2010-07-15 Thu 12:58:21

いちろうくん、そんなことになってたなんて;;
病院で大丈夫言われても、そんないちろうくん見たらまだ心配。。。
早く元気になってカメラ破壊しちゃって~!

病院探しもいろいろな噂や話を聞くとこわかったり。。
緊急な時の為に近場がいいと思ったり。。。
ワタシが行った病院も鳥専門じゃなかったけど、鳥率高しデした。
やっぱり、もしもの時に信頼出来る先生を見つけておくのは大切デすね;


Non URL 2010-07-16 Fri 12:51:14

Rakuちゃん

おせっかいなんて、とんでもない!ありがとうございます。
Rakuちゃんだからこそ心に響く言葉です。
病院でも先生に、弱みを見せないからここだと
分かりづらいかもなぁ。。。って言われました。
それに比べると、のそのそ動いていたので、
具合が悪いのは分かったのですが、もっといろいろと気をつけて
いかなければと、今回思いました。

今回の病院の先生、なかなか親切に見てくださったので
また次回からもお世話になろうかと思っています。
たまには、私以外の人にも会わせないと行けないし、、、
っていう名目で、検診に行きます!

Non URL 2010-07-16 Fri 12:55:49

マメ母さま

本当に、、、いいお医者さんが近くに無ければ
自分で勉強しちゃおうか、なんて思います。
でも、大成するのはいつのことか・・・(笑)

今回の病院、ちゃんと小さなプラケースと
体重計があったので、
時々鳥さんも来ているんでしょうね。
先生も慣れた手つきで保定して、
触診したり、羽をひろげてみたりしていました。
先生いわく、京都に鳥の専門医がいれば
すぐにでも紹介するけれど・・・と。
でも、犬と猫ばかりやって来る病院で、
小鳥というのも、なかなかおもしろいものでした。

猫をつれた外国人の方が、
カバンから少し見えるキャリーを
「なんだろう?」とのぞいておられましたよ。

Non URL 2010-07-16 Fri 12:58:16

sunちゃん

そうなんですー。
いちろう、どうしちゃったんでしょうね。
今朝はすっかり元気になり、
朝のシードが待ちきれず、いつも通り手にまとわりついて
ビービー鳴き、なんとかしてシードを食べようとく
頭を突っ込んで、にゃくにゃしていました。
やっぱりいちろうは、こうでなくっちゃ!
元気ってありがたいです。

暴君、いやいや、すぴっち。くんはいかがですか?
あいかわらずかわいいね。でも、大人っぽくなったねー。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/469-a1fd45bd
Listed below are links to weblogs that reference
いちろう、病院へ行く from さくらブック

Home > マメルリハ > いちろう、病院へ行く

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top