Home > スポンサー広告 > 青い小鳥とお馬さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

mayuko URL 2009-10-16 Fri 20:09:54

馬は、そんなイメージ。目が素敵!
東京競馬場の近くにいたので、よく見に行ってました。
賭けるほうではなく、馬を見にいってました。
走るために作出され、ひたすら走る。
足の細さは、一級品。小股が切れあがりすぎ。
お尻のあたりの筋肉~あっうらやましい。
まつ毛の長ーいでっかい目。ほしい!
って、見るところがちがうかー
ゴールを駆け抜ける、地鳴りー快感でしたー
仕事がらでも、貴重な経験。素敵ですよね。

Non URL 2009-10-18 Sun 23:50:20

馬ってうわさにはよく聞くけど、かわいいんでしょうね。それに頭が良さそう。
騎手の方は、砂ぼこりで大変らしいのですが、競馬場って草のにおいとか土のにおいがしそうですね。
いつか行ってみたいな。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/169-3918eaed
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from さくらブック

Home > スポンサー広告 > 青い小鳥とお馬さん

Home > マメルリハ > 青い小鳥とお馬さん

青い小鳥とお馬さん

 

DSC_5318.jpg 

 

眠いです。。。

 

今日は帰りが少し遅かったので、

さくらの撮影はNG。

夜だし、さくらものんびりしたいよね。

 

 

 

今日は騎手 武豊さんの対談を聞きに行ってきました。

身長は170センチほどありながら、とても華奢な人。

やさしそうなまなざしが印象的でした。

 

今回、何か座右の銘にされている言葉を教えていただきたかったのですが、

「特になし。せいいっぱい目の前のことを行っていれば、なんとなく・・」

ということで、逆に質問をしたウチのスタッフが

「こんなに気持ちよく挨拶を言える人は、いいですね」なんて

司会者から言われていました。

 

 

 

 

 

DSC_7092-2.jpg 

 

 

 

 

世の中が便利になる一方

競馬の世界には変わらない物があるのだと。

それは、馬という動物相手だから。

そこには、携帯もなければパソコンもない世界なのだと

おっしゃっていました。

 

 

一生懸命走る馬が、なんだかかわいく思えてきました。

馬も小鳥も同じ動物。

 

 

競馬は見たこともなかったけど、

今度ちょっと中継を見てみようかな。

 ね、さくら。

 

DSC_7088-2.jpg

 

 

 

スポンサーサイト

Comments: 2

mayuko URL 2009-10-16 Fri 20:09:54

馬は、そんなイメージ。目が素敵!
東京競馬場の近くにいたので、よく見に行ってました。
賭けるほうではなく、馬を見にいってました。
走るために作出され、ひたすら走る。
足の細さは、一級品。小股が切れあがりすぎ。
お尻のあたりの筋肉~あっうらやましい。
まつ毛の長ーいでっかい目。ほしい!
って、見るところがちがうかー
ゴールを駆け抜ける、地鳴りー快感でしたー
仕事がらでも、貴重な経験。素敵ですよね。

Non URL 2009-10-18 Sun 23:50:20

馬ってうわさにはよく聞くけど、かわいいんでしょうね。それに頭が良さそう。
騎手の方は、砂ぼこりで大変らしいのですが、競馬場って草のにおいとか土のにおいがしそうですね。
いつか行ってみたいな。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/169-3918eaed
Listed below are links to weblogs that reference
青い小鳥とお馬さん from さくらブック

Home > マメルリハ > 青い小鳥とお馬さん

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。