FC2ブログ

Home > life > 「貰い受ける」に思うコト

「貰い受ける」に思うコト

  • Posted by: Non
  • 2019-03-21 Thu 21:31:08
  • life

人生で何回、ワクワクが止まらない贈り物があるだろう。
包丁を送って頂いたとき、かわいい小鳥がやって来たとき。

そして昨日、オシャレな友人から、素敵な贈り物が届いた。
  


0S1W8407.jpg



0S1W8380-2.jpg  




フェラガモのショートブーツとグッチのサンダル
そして小鳥用のシードとフィードカップ
  
 
メールで会話している中で、「靴のサイズいくつだっけ?」と聞かれた。
なんでも買ったはいいけど、結局入らなくて未使用の靴があるらしい。
でも捨てることもできず、のこと。
   
  
サイズはぴったり
だけど写真を送ってもらうと、これはさすがに頂けないでしょ?! 
セールで買ったといっても、年数が経ってるといっても、いやさすがに・・・



  
ちょっと迷ってしまって、私設顧問弁護士、別の名を「年数の長いただの友達」に相談してみたら、



 「もらうべき。本人は新しいのを買いたくても
  家にある以上は一歩踏み出せないはず。
  お礼は別の機会に何かすればいいので」




とのこと。
  
 

思えば、私にもそういうことがあった。
私は足が良くなかったので、その年の調子に合わせて買ったロングブーツがたくさんある。
中でも1回ぐらいしか履いていない、かなり細身の超ピンヒールのブーツを、そのまま10年持っていた。


さすがに、誰かにあげたくてもこれだけのハイヒールを履く人はなくて、
この冬「ごめんね」と謝りながら、2足処分した。
捨てるぐらいなら、誰かに使って欲しい。その気持ちは同じなのかもしれない。
 

一方、「贈る側」として考えると、カメラをあげる際に
遠慮無くもらってくれたのがいちばん嬉しかった。

お礼なんていらない。
「使う?」と聞いて「気が変わらないうちにもらわなくっちゃ!」と
天真爛漫に言ってくれたのがうれしくて、レンズ付きでぽーんと渡した。
ただ「この人」と思う人に使ってもらえると嬉しかった。
  

そんな自分と重ねて、最後は「ありがとう!使うわ!!」と答えた。
  
 
 
思いを込めて買った物は、手放すのもつらいもの。
私はフェラガモの靴はメンテナンスを繰り返して長く使っているので、
裏張りをしてから長くおつきあい頂こうと思う。


まあ、うちのフェラガモさんは、息の長い選手揃い(笑)
半年前、20年選手にサヨナラしたので
現在一番古いのが2002年にロンドンで買った物

0S1W8464.jpg  


古すぎて、去年の夏の暑さで、ドライビングシューズはとんでもない壊れ方をした(笑)
(まぢで!!)


0S1W8470-2.jpg  


底は割れるし、ガンチーニはどっかいくし(笑)
これもまた底の貼り替えが出来ないか聞いてみるつもりだけど
買った方がいいのかもね。
でも好きな赤色なので。



これを機に、彼女に新しい靴との出会いがあれば、何よりうれしい。
お礼は、遊びに来てくれたときに激しい接待で仕返しするから待ってて!


スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/1604-056f1ad0
Listed below are links to weblogs that reference
「貰い受ける」に思うコト from さくらブック

Home > life > 「貰い受ける」に思うコト

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top