FC2ブログ

Home > 料理 > ストウブ何個になった?

ストウブ何個になった?

  • Posted by: Non
  • 2018-11-05 Mon 00:00:45
  • 料理
 
なんとなく、鍋が30近くになっていると感じるこの頃。
その原因は、増殖中のストウブ。
先日、16センチというポジションにwanabeが入り、ほぼ空きポジションがなくなったと感じた・・・
なので、棚卸しをしてみた。




0S1W6798-S.jpg 



うわ、きたない並べ方(笑)
もうちょっと色別にすればよかった(笑)


・10センチラウンド×3
・14センチラウンド×3
・cocotto  de  GOHAN S(12センチ)×3
・WANABE  S×1
・WANABE   M×1
・17センチオーバル×1
・23センチオーバル×1

おや、意外に少ない?と思ったら、

・ヴィンテージココットS×1
・ラウンドディッシュ×1

を撮り忘れ・・・。
それでも、ストウブマニアの方はすさまじいので、私はかわいいもんですわ。
そして、どれも現役活躍中です。



0S1W6812-S.jpg 

10センチのミニココットは、1人分のドリアや、プリン・パウンドケーキ型、
アヒージョに活躍。




0S1W6808-S.jpg 
  
ココハンSは、IHで使えないのが欠点だけど、ハロゲンヒーターで炊飯。
気分によって色を変えて使用。
あと1人分の石焼きビビンバなどにも活躍。
ゆでたまごを2個作ったり、小規模な揚げ物にも良いです〜。





0S1W6818-S.jpg 

14センチラウンドは、1〜2人分の料理に大活躍!
とにかく出番の多いなべです。
炊飯、お味噌汁、スープ、たまにパンの型としても使用。
グレナディンレッドとグランブルー。この色もまたお気に入り。





0S1W6824-S.jpg 

とにかく秀逸なWANABE  S&M。
煮物にも炊飯にもこれが良すぎて、ココハン  Mを買う必要がなくなりました。
底が丸いので、炒め物やかき混ぜる煮物に、とにかく出来の良い鍋です。





0S1W6828-S.jpg 

オーバルシリーズ。
ストウブの1個目、2個目の購入がこれでした。
ピカピカつやつやのマスタード。
ストウブは個々の色や艶が違うので、購入の時には4〜5個出してきてもらい、ウンウン悩んでいます・・・


大きい方は、角煮やかたまり肉をオーブンで焼くときに活躍。
頼りになる鍋です。
小さい方はアスパラやイワシ煮など、細長いものを料理するときにデッドスペースが少なくて◎。





0S1W6831-S.jpg 

意味なくグランブルーを並べると信号。





0S1W6833-S.jpg 

他にもDANSKの小鍋たち・・・





ストウブは現在合計14個。
その他に、一番頼りになるフィスラーやラゴスティーナがしっかり脇をかため、
超デカいWMF、その他ルクルーゼやビタクラフトなど、フライパンを除いて合計約30。

友人が「新しいものを買うたびに、みんな棚で(追い出されるのではないかと)ドキドキしてるよ」と笑う。
どれもこれも思い入れのあるものだし、モノは使うのが一番のメンテナンス。
しっかり使っていきます。



スポンサーサイト

Comments: 2

いちまる URL 2018-11-05 Mon 12:53:43

わわわっ!ストウブ屋さんだ!(笑)凄いですね~。

ウチは20㎝ラウンドが大活躍。あと27㎝オーバル、、重くて大変。
パンプキン鍋とWANABEが欲しいなぁ、やっぱり。

ストウブ大使としてイロイロ教えて下さいね(笑)

Non URL 2018-11-06 Tue 06:41:26

いちまるさん、並べてみるとすごく形に偏りがあるわ〜って思いました(笑)
WANABEいいですよ。いちまるさんだったらMかLかな。
ごはんもうまく炊けますし、煮物などにもいいです。
しかし大きいのは辛くなってきますよね・・・私は23オーバルでもひぃぃ〜って感じです。27は想像出来ない・・・
とにかく、使い倒して行きますね!!

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/1565-6c9cb7fc
Listed below are links to weblogs that reference
ストウブ何個になった? from さくらブック

Home > 料理 > ストウブ何個になった?

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top