FC2ブログ

Home > マメルリハ > 小鳥のごはん

小鳥のごはん

0S1W5891.jpg   


うちの小鳥たちのごはんです。
メインはシードが2種類




ベースはこちら


0S1W5889.jpg 


とてもあっさりのシード。
小さい時からずっとこのシードです。
これは大丸京都店で売っているシードです。




これだけではおもしろくないでしょうから

0S1W5890.jpg 


こちらを上からかけます。
いかにも好きそうなシードがゴロゴロ。
ゴロゴロが少ない時にはソバの実を3つほど入れます。
この上のおいしいのを食べると、下にはあっさりごはん。
両方食べてくださいね〜という感じです。 


その他には、小さなカップにハリソン、グラスシード、
粟穂、カトルボーン、塩土、野菜を入れています。

ひまわりは、うちのお子さんたちはシニアの域になってきましたので、
3〜4日に1個です。
若かりし頃は、1日1個(笑)



小鳥のエサって、何が良いのか分かりづらいですよね。
私が小さいころは、小鳥にはムキエサと白菜だったのが、
今では白菜はダメ。

塩土も外の小鳥さんではないので、必要ないと言われるし、
野菜も最近は不要の方になってきていると病院で言われました。
だから、少しでいいですよ、と。




0S1W5864.jpg 



そんなのだから、結局自分で判断するしかなく、私は小鳥のごはんを「人間ならどうか?」という基準で考えています。

麻の実の脂肪分は20数パーセント、ひまわりは50%近いのだそうです。
ステーキでいうと、ひまわりはかなりの霜降り(笑)
大きな粒だったら、小鳥の顔の半分ぐらいあるわけで、
「もし私が顔ぐらいある霜降りステーキを毎日食べたらどうなる?1日3枚食べたらどうなる?寝る前に食べたらどうよ?」という感じです(笑)
かと言って、脂肪分が悪いわけでもないので、食べ過ぎないように・・・ですね。

いちろうはあればあるだけ食べるので、麻の実は入りすぎないように注意。
逆にスワロはくちばしが弱く大きなシードを割れないので、麻、ひまわりは割って与えます。



実家では、母は小鳥の知識があまりないので、預かった時には「生き物としてどうか」と考えて世話してくれています。
少し水っぽいウンチをしたら野菜を控えてみたり、日頃は太陽に当て、風に当て、外の小鳥の声を聞かせ、うちに帰ってきたときに寂しがるといけないから、と昼間はできるだけ2羽で過ごすようにしているようです。
おかげで、帰ってくるときにはワイルドで、羽もくちばしもピカピカ。
そして「いいフンをするようになったでしょ」と自慢げの母。
やっぱり母にはかわない〜〜(笑)


こんなのが、わがやのご飯事情です。


 
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/1496-ec56f536
Listed below are links to weblogs that reference
小鳥のごはん from さくらブック

Home > マメルリハ > 小鳥のごはん

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top