Home > マメルリハ > 男は小者(2羽飼いの先住者意識 パート2)

男は小者(2羽飼いの先住者意識 パート2)

IMG_1539.jpg  

初めてスワロと対面した時のいちろう
ちょっと警戒気味
------------------------------------------------


スワロがうちにやって来たとき、
相変わらずケンカっ早いスワロは、いちろうを見てギャースカギャースカ。

そして、ちょっと目を離したスキに、スワロがいちろうのケージにしがみつき、そのスワロの足をいちろうがガブっ!



ちょっと、何すんのよ!!!

しかも、スワロが噛まれた?!

私も、元親さんも大びっくり。
「あのスワロが噛まれただぁ?!」
どちらかというと、スワロにいちろうがやられないように気を付けていた私たち、大びっくり。




そして、こんな毎日でした(笑)
  ↓ ↓ ↓

0S1W0637-2.jpg 



それから、私は先住者として、いちろうを優先していました。

すると、スワロは相変わらず隙あらばケンカを売りに行くものの
最初に一撃食らわしたいちろうは、ギャーギャー言うだけで、あまり相手になっていない。
くちばしでわいわいやっているものの、噛もうともしていないのが分かる




いっちゃんオトナになったね♡


ウチの2羽はこんな状態だから、放鳥は1羽づつ。
外で遊んでいる間は、私がずっと見ています。


いっちゃん、えらいわぁ、さすが男の子。なんか頼もしくなって♡
・・・と思っていたら、時々いちろうが、やたらスワロにケンカを売りに行く・・・


どうやら、スワロが実家でもかわいがられ始め
「ボクの先住者としての立場がヤバい」と思った時に攻撃的に・・・


かわいいのは、ぼくだけだったはずなのに、
怖いと恐れられていたスワロちゃんが、おじいちゃんおばあちゃんにもかわいがられている・・・


となると、やたら攻撃をしかけていきます・・・


というのも・・・
いちろうの異変に気付いた少し前、実家でいちろうがわがまま放題になり、お手上げだったそうな。。。
いちろう、実家で何か不満だった模様。ちゃんと2羽ともかわいがってくれてるのにね。
なので実家でも、いちろうを優先するように頼んであります。

スワロは、私ラブなので、いちろうがかわいがられようがおかまいなし。
代々うちの女子たちはそんな感じ。
いっちゃん、意外に小者(笑)


そして、今でも

0S1W5306-2.jpg 

0S1W5307-2.jpg 


ときどきいちろうが仕掛けています。
男は小者なのかもね(笑)


でもね、このふたり、なかなか良いコンビだと思っているんですよ^^


 
スポンサーサイト

Comments: 2

sumiremaman URL 2018-02-04 Sun 09:35:25

おもしろーい!
なんだかんだいって2羽とも楽しそうだし、幸せそう♡
なかなか良い関係だね( ´∀`)bグッ!

Non URL 2018-02-04 Sun 16:45:50

そうなの。なんだかんだ言っても、スワロがいないといちろうは大呼びしてるし、スワロは、まぁ向こうが先住者だし、いいか、って感じだし(笑) スワロはちょっと遠慮してて程よいぐらいだしね。
なかなかいいコンビなのよ。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/1472-0e08de76
Listed below are links to weblogs that reference
男は小者(2羽飼いの先住者意識 パート2) from さくらブック

Home > マメルリハ > 男は小者(2羽飼いの先住者意識 パート2)

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top