Home > スポンサー広告 > さくら、帰ってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

cup URL 2009-09-05 Sat 22:23:14

さくらちゃん、Nonさんに会えてうれしかったのに
ひさしぶりなんで照れちゃって後ずさりしたのかな。
唐辛子、ツヤツヤしてておいしそう・・・。
鳥は辛さを感じませんから、さくらちゃんに食べさせてみたらどうですか?
唐辛子大好きな子も多いみたいなんで、さくらちゃんも気に入ってくれるかも。
カプサイシンの作用で免疫力をアップさせたり、食欲増進も期待できるらしいです。

Non URL 2009-09-05 Sat 23:08:38

本当に、じりじりっと後ろに下がられたときは、唖然としました。
わ・・・忘れてる、この子・・・って(笑)

鳥さんは辛さを感じないんですか!!初めて知りました。
あー、だから万願寺唐辛子や鷹峯唐辛子をよく食べたんですね。両親が「時々とんでもなく辛いのがある」って心配して、さくらにあげる前に毒味していたらしいんです。
赤い唐辛子、つやつやでめちゃくちゃきれいなんですよ!じゃぁ、さくらと一緒に食べてみようかな。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/127-fd396588
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from さくらブック

Home > スポンサー広告 > さくら、帰ってきました。

Home > マメルリハ > さくら、帰ってきました。

さくら、帰ってきました。

 

さくらでーす。

ただいまー。

 

 

DSC_5165-1.jpg 

 

 

 

忘れてしまった方のために、

あたしがどんな女の子だったか、ちょっと説明するとね、

 

 

 

 

DSC_5156-2.jpg 

 

 

 

 

DSC_5150-1.jpg 

 

こんなことになってしまったりとか、

 

 

 

 

 

 

筆毛を触られると

 

DSC_5140-5.jpg 

 

 

 

 

 

とか。

 

 

 

 

 

DSC_5139-6.jpg 

 

 

 

 

どう?思い出してくれた?

 

 

 

 

 

 

はい、自己紹介ありがとうね、さくら。

 

昨晩、さくらが帰ってきました。

本当は今日、土曜日に迎えに行くつもりだったのですが、

母がたくさん夕食を作ったと連絡してきたので、

急遽昨日の夜に行ってきました。

 

 

感動の再会。

さくらも大喜び!!!

 

・・・と思いきや・・・・

 

ちょっと私を忘れておられます、このお方。

 

 

 

 

カゴをのぞくと、2歩ぐらいじりじりっと後ずさりするんです。

 

 

 

5日前、母に対してそうでした。

5日後、それが私になりました。

 

 

母いわく、「鳥も置かれた環境で、かわいがってくれる人に慣れようと

一生懸命なのよ」と。

コンパニオンバードは、そうやってたとえ飼い主が変わっても

がんばって生きていくんですね。

 

そうとは言え、やはり手乗りなので、すぐに寄ってきて

手にのってくれました。

実家では、毎日7時に起きて、日光浴をさせてもらい、風に当たり、

父の作った野菜を食べ、いつも誰かがそばにいて、

そして7時に就寝と、とても元気に過ごしていたそうです。

羽根もまたふさふさになり、心なしか行動も鳥らしくなりました。

なんか鳴き方も違うし、菜差しの底をくちばしで持ち上げ

落とす楽しさを覚えちゃったんですよ。

こんなこと、しなかったのにな。

 

人でも鳥でも、太陽に当たり、おいしい物を食べ、そして遊ぶ。

基本は同じで、そしてとても大事なのだと思いました。

 

 

 

DSC_5125-8.jpg 

父の菜園では夏野菜も終わり、赤い唐辛子が収穫を迎えています。

(注:さくら用ではありません)

さくらは、きゅうりを大きく平べったく切ってもらい

ボロボロにして食べるのがお気に入りになったそうです。

枝豆もあまりにもよろこぶので、母も楽しかったそうです。

 

 

両親は、ネコやカラスが来ないかと、とても気を遣ってくれていた様子。

部屋から動くときには、ほんの少しの時間でも、

かならず窓や戸を閉めてくれたとか。

 

 

カゴに入ってくれなかったら困るから、と

外には出さなかったようですが、

指を入れて撫でてもらったり、遊んでもらったりしていたようです。

父がさくらの相手をしているところを見て、

このまま連れて帰るとさみしいかな、と思い、

小鳥を飼わないかと言ってみたのですが、

出かけられなくなるし、気も遣うからいいよ、と。

まぁ、またさくらがおじゃますることにもなるでしょうしね。

 

 

違うおうちに行っても、ちゃんとすごせることが分かり、

とにかく安心しました。

いえ、多分私が過保護に考えすぎていたんですね。

 

 

 

夜は、父が家まで車で送ってくれました。

夜だし、運転して帰る父の方が心配だから、電車で帰ると言ったのですが、

せっかくの申し出だから受けなさいと母から説得されました。

でも、母も「眠くなるとだめだから、一緒に行くわ」。

やっぱり父を心配してるんだ・・・。

 

そんなこんなで、大の大人3人を引き連れ

王女様のご帰還の様相を呈し、帰宅したさくら。

やはり見慣れた家であるのか、すぐに落ち着き、手の上で羽づくろいを始めました

 

今日からまた、ふたり暮らしです。

 

 

スポンサーサイト

Comments: 2

cup URL 2009-09-05 Sat 22:23:14

さくらちゃん、Nonさんに会えてうれしかったのに
ひさしぶりなんで照れちゃって後ずさりしたのかな。
唐辛子、ツヤツヤしてておいしそう・・・。
鳥は辛さを感じませんから、さくらちゃんに食べさせてみたらどうですか?
唐辛子大好きな子も多いみたいなんで、さくらちゃんも気に入ってくれるかも。
カプサイシンの作用で免疫力をアップさせたり、食欲増進も期待できるらしいです。

Non URL 2009-09-05 Sat 23:08:38

本当に、じりじりっと後ろに下がられたときは、唖然としました。
わ・・・忘れてる、この子・・・って(笑)

鳥さんは辛さを感じないんですか!!初めて知りました。
あー、だから万願寺唐辛子や鷹峯唐辛子をよく食べたんですね。両親が「時々とんでもなく辛いのがある」って心配して、さくらにあげる前に毒味していたらしいんです。
赤い唐辛子、つやつやでめちゃくちゃきれいなんですよ!じゃぁ、さくらと一緒に食べてみようかな。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sakura3422.blog22.fc2.com/tb.php/127-fd396588
Listed below are links to weblogs that reference
さくら、帰ってきました。 from さくらブック

Home > マメルリハ > さくら、帰ってきました。

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。