Home > 2017年10月

2017年10月 Archive

スワロ、病院へ行く

  • Posted by: Non
  • 2017-10-25 Wed 23:13:28
  • スワロ

0S1W9101.jpg 
 通院翌日のスワロ
手に包まれてネムネム・・・




わが家の白いお姫様、スワロフスキー

8歳でうちにきたから、もう10歳。
いつまでもかわいいけど、スイート10なのです♡


今まで病気知らずのスワロが先日
病院に行きました。



IMG_3837.jpg  
(数ヶ月前のスワロ)


小鳥なのに、大きな黒い猫目が美人なスワロ。
うちに来たとき、
なんてきれいな子なんだろうと思いました。

ええ、親ばかですね。
親バカ野郎ですよ(笑)


くちばしの形も綺麗だったのに、
今年6月ごろからちょっとひびが入り、
そこがひび割れになって、
2ヶ月で割れ目がひどくなりました。

同時に、上くちばしがにょーんと伸びてしまい
私、オロオロ・・・・。


何が悪かったんだろう、
どこか病気じゃないか、
なんのエサがよくなかったんだろう・・・

いろいろ考えました。


京都には小鳥の専門医がいなくて、
犬猫のかたわらで心の安心程度に
診てもらうしかなかったのが、
高槻に小鳥の病院ができたのです!
たかつき鳥の病院 です。


で、そこへスワロをつれて行ってきました。

予約がいっぱいで、診てもらうまでに2週間。
くちばしが伸びて大変そうなスワロを見るたびに
早く病院に行きたいとそればかりでした。


他にも、足の近くに
年季の入った腫瘍のようなものがあったり
最近水分の多い便をするので
気になるところ全部を相談ました。


丁寧に診て頂いた結果
・くちばしのバランスが悪くなり、
今まで自然に削れていたのが削れなくなった。
・足の付け根にあるものは羽包嚢腫。
うまく羽が生えずにできてしまったもの。
・便は問題なし。健康に問題なし。

ということになりました。


羽包嚢腫は、足の付け根に2個。
先生は気付いていなかったけど、
首にもごく小さいのが1個あります。

生活に支障がなければ放置。
取るにこしたことはないけど、
全身麻酔で切除部分を縫うことから
もう10歳のスワロに負担をかけたくなくて
様子を見ることにしました。


こういう形で出るのはめずらしいな、と先生。

0S1W9122.jpg 

くちばしはもろくなっていて、
ニッパーを使えなかったので、ドリルでカット。
脆い部分を削り、整形してもらいました。


きれいな顔立ちの子だったのに、
スワロ、ごめんね。


0S1W9124.jpg 

これはカットした直後。
くちばしから出血したので、黒くなっています。
これは今きれいになりました。


のびたくちばしをカットしたことで
噛みやすくなったらしく
朝はのんびりゆっくりとシードを食べています。


今まで、すぐに食べ終えて
遊ぼうとせがんでいたのは
食べづらかったのね。
生活に支障がなくなっただけでも感謝。

くちばしは、前のようにきれいには
再生しないかもしれないとのこと。
でも、スワロが元気に、
不自由なく暮らしてくれていれば
私はそれで十分。


スワロ10歳、いちろうもうすぐ8歳。
2羽ともいいお年になってきたので
今まで以上に健康に気を付けたいと思います。




Continue reading

Index of all entries

Home > 2017年10月

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top