FC2ブログ

Home > セネガルパロット Archive

セネガルパロット Archive

考えるセネガル

1_20210321110323196.jpg

ソファでスリスリ~~


2_20210321110325f57.jpg

スリスリ~~からの


3_2021032111031742f.jpg

ガブリ!


4_202103211103228df.jpg

カイカイ~~


5_20210321110320f2d.jpg

カミカミ~からの


6_20210321110321c0a.jpg

ちらり。

ラウが来て、あと半月で1年になります。
すっかり目も黄色くなり、顔つきも大人に。

セネガルって、深い鳥だと思います。
考えていたり、探っていたり・・・
この鳥は(ラウだけかもしれませんけど)、やや厳しめのことを言う方が
しっかり対応して生き生きしてくる気がします。
ほめること、愛情を注ぐこと、そして叱ること。
メリハリが必要な鳥だと思います。

今、ラウは暴走機関車の暴力男子中(笑)
これも何かの訴えだと思って見ています。













ラウ、順番を待つ!

 たいへんご無沙汰しました。

気が付くと、2月一度も更新してない!!
ちょっと仕事と心がバタつき気味で、あっという間に1か月過ぎてました。
心身共に充電できてないと、ブログは書けないもんですね・・・

-----------------------------------------------

さて、わが家の放鳥風景。
以前は一羽ずつでしたが、今はマメルリハとセネガルという2回になりました。


0S1W0230_202103042228309a8.jpg 

ケージの並びは手前からいちろう、ことは、ラウ。
ただいま、いちろうさん、ことはさんが外出中(笑)

放鳥の順番は、日替わりです。
ラウが来た当初は、先住優先にしていましたが、ある程度たってからは1日ごとに交代。


ラウはマメより出せ出せ攻撃が激しいのですが、
マメを出すと、「あ、今日はそちらからね」とおとなしくなります。
なんか、「無駄なことはしない」という子なんですよね。


0S1W0250_2021030422283166b.jpg 

おもちゃに乗ったりブランコに乗ったり。
前はマメを先に出すと、プリっプリに怒ったこともあったけど、
その辺の物分かりはすごくいい。




でも待ってるうちに・・・

0S1W0251_2021030422283320f.jpg 
ぶら下がり



 0S1W0254.jpg
回転し、



0S1W0259_20210304222825dd7.jpg 
縦横無尽に動き回り





0S1W0260_20210304222827f23.jpg 
降りて行ったと思ったら



0S1W0261.jpg 


餌箱にひっくり返って足のお手入れ・・・
おもろい子やな(笑)
ラウちゃん、だいすき♡

ケージ上のタオルは、放鳥時の事故防止です。
間違って上に乗ったりしたらたいへんなので^^



こわがりラウの冒険(長いです)

 たいへんたいへんたいへんご無沙汰しました。
ばたついた日を送り、やっと仕事が人間的なスケジュールになってきた気がします。

余裕がないと本当にカリカリして、5分でも惜しい時に空気が読めずに自分で出来ることを依頼をしてくる同僚にも「今回私がやりますけど、こういうの絶対自分でやらないですね」と言いました。
でも、思うことは言った方がいいなと思った次第です。
特に、在宅勤務などでメールやzoom、teamsのようなものが連絡手段になると、どういう気持ちで言っているのか分からない。
だから腹が立つこともいっぱいでしたし、時には、何を言われても攻撃されていると思うこともありました。

どういう感情でいるかというのは、どんな方法でも伝えた方がよいと思うこの頃。
たとえば、「!」を付けるだけでも、慇懃無礼な文章がやわらかくなるんです・・・・

と愚痴でした。


さて、・・・・
わが家の鳥さんたちは元気にやっています!

このお方にも、大きな変化があったのです。

0S1W9910-2.jpg 

ソファと私の手がラウの行動範囲。
めずらしく床に降りています。


0S1W9915-2.jpg 

背中にはみ出がほわ毛を直すのも忘れて、真剣(笑)

このラウくん、ずいぶん凶暴男子になったのです。
発情期かな、仕方ないかな、と思っていたのですが、
ステップアップの指を出してもガブーガブー。
じゃれている感じにも見えるけど、くちばしもするどくなったし、力も強くなった。

そしてその果ては、おやつを見せたら飛んできて、手からおやつを奪って飛び去ろうとすること2回。
よくカラスとか鷹が人を襲って食べ物を奪って飛んでいくような、アレですよ、アレ!!


さすがに、一緒に暮らすにあたり、これらはどうなん?と思って、かみついた時にラウをちょっと強めに叱りました。
1回目はどこ吹く風。
それは背中越しに言ったから。

でも、2回目。
ラウを前に置いて、顔を見ながら怖い顔で「痛い」と言ったら、「なんかまずいかも・・・」って顔をして、めっちゃ効きました。


その日は、思うところがあったらしく、ラウも様子がちょっと違っていて、そして翌日。
めちゃくちゃ効いてますやん!
噛まない。噛もうとして「痛い」と言うとやめる。
打って変わって、躾けられた犬みたいにピシャーン!!となりました。


それまでも、けっこう言葉を分かっているのでは?と思う節はあったのですが、これが以前先生が言っていた、「ラウとのルール作り」なんだと思いました。
クリッカートレーニングの逆バージョンですが、「ダメ」というときには、ひとつゼスチャーを決めて伝えることにしました。
「痛い」と言うときも、そうです。
それも顔を見て、こちらが怒っている顔も見せてしっかりと言う感じ。
怒っている顔を見せるのが、ラウにはポイントなんだなと思いました。
だけど、怒るのはその時だけ。すぐに元に戻します。


その件からすでに1週間ぐらい経っていますが、ラウを見ていると、こうやって意思疎通をした方が良い感じがしています。
前よりも遊ぶ範囲も増え、理解しているかは分からないものの、言うことを聞いてくれますし、肩に乗ってきたり膝に乗ってきたり、前より遊んでいる感じがあります。

昨日はケージの中まで送っていてもなかなか帰ってくれない。
あの手この手で引き延ばしてスキがあれば出てこようとする。
そこで、「ラウちゃん、いっちゃんも遊びたいって待ってはるから代わってあげて」と顔を見て言ったら、じっと顔を見ていたあと、後ろを向いてスタスタ帰っていきました・・・・


中型インコってすごいなぁ。
感覚的には、ほぼ犬です。

私も、飼い主として、一緒に成長させてもらっている感じです。
大切に、暮らしていきたいと思います。


小学生のドリルばかりやらされている京大生(☆長いです)

0S1W9447_20201215215713b72.jpg

不思議なタイトルでの始まりですが、これは病院の先生の言葉。


数日前、ラウが水っぽい便をし、日曜の夜に本格的に下痢+水便になったので病院へ行きました。
どうも気温の変化に対して繊細なようで、軽く腸内環境が乱れたみたいでした。



ラウは京都の先生にお世話になっています。
とてもいい先生で、しばらく雑談風にラウの家の様子などを聞かれました。

やがてラウが雰囲気に慣れて、キャリーから出てくると、先生の手によいしょっ。
おぉ、この子が自分から私以外の人の手に乗るなんて!!!

先生が撫でようとしたときに私が「あまりに撫でられるのが好きじゃないですよ」と言ったところから、先生のアドバイス開始。


先生いわく、「そんなに撫でられるのが嫌いそうでもないですよ」。
ラウは周りのものにも興味を持っているし、寄り添いたいと思っているけど、ちょっと会話が足りないそう。

「飼い主さんが安心だということだけは分かっているけど、そのほかのことがまだよく分かっていないので怖がっている。
それは例えば日本人がアフリカに放り出されるようなもの。言葉も民族も違う。その中でどうしてよいのか迷ってる。
セネガルはもともと頭のいい鳥なので、ルール、法則をどんどん作って覚えさせてあげて。
それがこの子にとって会話になっていくから」

「たとえば、おやつのときに指をコツコツ鳴らしていたら、それがおやつの合図になって、指をコツコツしたら指に飛んでいくようになる。それもこの子にとってのルール。
何をすればどうなるというのをたくさん教えていくと安心するからね。
マメルリハの真似をするのも、寄り添おうとしているのよ」


おもちゃも知育系を増やしていくといいらしい。
今、破壊系のおもちゃが多いと言うと、「それは、小学生のドリルばかりやらされてる京大生みたいなものだから(笑)」。

 

そうなんだ~~~大反省。
私はラウに、私の環境に慣れてくれることばかり要求してた。
もっともっとラウの声を聞かないといけなかった。

おやつで何かを教えることは、おやつ過多になるかと思って全く教えてこなかったけど、ラウには必要だったんだね。
本当に反省。
中型インコが全然分かってなかった。


ラウは、一緒に考えて成長していく鳥さんなのね。
今までも、かなり言葉を理解している思ってた。
もしかすると、全部分かっているのではないかとすら。
やっぱりそうだったんだね・・・大反省です。


0S1W9444_20201215215716ee9.jpg

病院では、ラウのいたお店の店員さんにばったり。
お店に、下あごの割れたオカメインコがいて、譲ってほしいと願い出たそう。
その子の治療に来られていました。

えらいな・・・
いろんな子を見てたら、早く幸せになってほしいなって思うんだろうな。

久々にラウを見て、「目が黄色い~~。かわいい~~。触ってもいい?」って手を洗いに行って撫でてくれていました。
こうやってみると、本当に目が黄色くなったね、ラウ。


今日は便もよくなり、元気に飛び回っていました。
心なしか、前よりすり寄ってきたりしてくれている感じ♡
現在3羽と1ハムスターのわが家。
それぞれの子の声を聞きながら、大切にしていきたいと思います。



ラウのオエーっ

0S1W9011-2s 
こわーい顔のラウ。
何をやっているかというと、小鳥が耳のあたりを搔いた時の「オエーっ」です。



0S1W9012-2s  
搔きどころが悪かったようで、なかなか止まらない・・・



0S1W9017ーs 
止まらない・・・・



0S1W9035-2s 
ラウちゃん、こわいよ(笑)
(本当は何やってもかわいい♡♡)



0S1W9045-s.jpg 
なかなか豪快にしばらくやり続けていました。

そうそう、最近遊び場を変えたので、あんまりごろ〜んはしてくれなくなったんですよ。
ちょっとさみしい。

Index of all entries

Home > セネガルパロット Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top