FC2ブログ

Home > 料理 Archive

料理 Archive

ココットエブリィ×紅ごはん朝食

  • Posted by: Non
  • 2019-01-19 Sat 15:34:13
  • 料理
 
昨年12/24にひいた風邪がずいぶんよくなってきたこの頃。
でもまだ本調子ではなく、今日は1日家で休養・・・

なんとなく料理はしようという感じになってきたので、
ココットエブリィの朝食


0S1W7660-s.jpg 


お米2合が沸騰して蓋をしめたあとに、あわてて「紅麹ごはん」を投入。





0S1W7670-s-2.jpg  

ちゃんとかき混ぜなかったのと、ちょっと分量が少なかったのとで、
ほんの〜り桜色のごはん。



本当は、このぐらいきれいな色が出るんですよ。

34193744_1317966051568975_6265679899801944064_n.jpg 


年末からずーっと風邪なので、
ココットエブリィも本格稼働していない状態。

1合と2合炊きで、まだ3回ぐらい使っただけかな。
私は鍋が沸騰してきたら弱火にして、
インナーリッドと蓋をしめて11分炊きます。
炊き終わった後、10分の蒸らし時間は必須☆
これが短いと、お米の水分が多いままです。


ストウブのココハンSで炊くときは
ボコボコと沸騰したらかきまぜて蓋を閉めて、10分。
これも蒸らし時間は10分ですが、ちょっと短くても大丈夫。


ストウブwanabeも基本ココハンと同じ。

私にとって、ココハンSはちょっと炊飯が難しい。
1合だと噴きこぼれ注意。
0.5ぐらいにすると、おこげ注意(←あまり好きではない)

その点噴きこぼれの心配が不要なwanaebとココットエブリィは、かなり楽です。
けれど、どれも御飯がおいしく炊けるのに違いはなく
優秀な鍋だなぁ、と思います。(特にwanabe)




0S1W7667-s.jpg 


最近大好きなルクルーゼのフラワーボウル。
オレンジと緑を組み合わせてもかわいいな。



結果、こんな朝ごはんでした。


0S1W7675-s.jpg 





ル・クルーゼ ココットエブリィを使ってみた☆

  • Posted by: Non
  • 2018-12-30 Sun 20:16:15
  • 料理
 
クリスマスに東京に行っていたのですが
帰ってくるといろいろなものが届いていた♡


0S1W7395.jpg 



ルクルーゼの大きな箱は・・・



0S1W7400.jpg 


禁断のココットエブリィ!



ストウブのcocotto de GOHANが出てから3年弱で
こういうものが出てくるのは、ストウブ派の私としてはちょっとねぇ・・・って感じだったんですよ。
だって、ココハンの「パクリ」にしか見えない(笑)

だけど、これは良いものだろうなと思っていました。



0S1W7409_20181230193703bf4.jpg  

 
実際家で見ると、デカい!!!

うちには、ストウブのココハンMは無いので、比較できませんが、
ココハンが2合なのに対し、エブリィは3合。こっちの方が大きいのかなぁ・・・?


形はきれいですし、色もいい。
(これは趣味の世界ね)
そして、12/27まで無料で付いていた、インナーリッド。これが一番の目玉だったかな。



0S1W7442-s.jpg 


コイツです、コイツ。
セラミック製のインナーリッド。
ご飯用の土鍋に付いている中蓋みたいなもので、
これで噴きこぼれを防ぐのだとか。

今は¥2,000で別売りになっています。


まぁ、こりゃ確かにいいわ。人気でるわなぁ。
悔しいけど、良い!(笑)



0S1W7412_2018123019370462d.jpg 

黄色系にも合うし



0S1W7417_20181230193706efb.jpg 

青にも合う。



わが家の「チーム寒色」ともなかなかマッチ♡

0S1W7403_20181230193701f00.jpg 





肝心の炊飯ですが、今日は1合ぐらいしか要らなかったので、
せっかくの大きな鍋だけど、初炊飯は1合になりました。


0S1W7444-s.jpg 

フタをあけると、ごはんのいいにおい。
1合だから下の方にちょこっとだけ。




0S1W7446-s.jpg 

これはココハンより炊飯は得意な鍋かな〜〜・・・なんてうっすら思っていたりします。
なんだろう・・・ごはんが香りよく炊けるというか、
炊飯の出来が予想より上でした。
まだ1回1合で使っただけですがよく考えられた鍋という気がします。




ココットエブリィはとても気になっていたので、使い勝手を見て
きれいなうちにお嫁に出すのもありかなと思っていたのですが
これは使いそうです。




適当な組み合わせの適当な食事

  • Posted by: Non
  • 2018-12-18 Tue 00:00:59
  • 料理
 
0S1W7239-3.jpg 

今年はなんとかクリスマス気分が11月から続いている私。



0S1W7242.jpg 

相変わらずクリスマスツリーをテーブルに置いて、
かわり映えもしないまま、休日はこんな感じ。


友達が北海道で買ってきてくれた、エビのペーストで
エビのパスタ。




0S1W7261-s.jpg 
 


無性にパンが作りたくなって適当に作ったら
発酵の途中でタイマー止まっていて過発酵!!

焦って焼いたら、焼きすぎる(笑)



0S1W7266-S.jpg 


発酵しすぎてシフォンケーキみたいな食パン。
枝付きレーズンを使い切りたかったので無理やりレーズンパン。





0S1W7243-s.jpg 



こちらは、おでんなのにピザパンというめちゃくちゃな組み合わせ。
両方食べたかったのだから仕方が無い....


さて、クリスマスには休暇を取ったので、国内東へと出かけて来ます。
けど、かなりトンボ帰り。
その前に、決算見通しだなぁ。



ここからの1年は、今まで仕事でお世話になった方々に会う旅をしようと思います。
正直なところ、転職も考えました。
もうひとつやりたかったことがあるので。
だけど、周りから止められました。
自分自身にも迷いがあった。今の生活を全部変えてまでやるべきことなのかという迷いが。

だからあと1年、思う存分お世話になった方たちに心をつくします。
1年で100人に会えるかなぁ。



Continue reading

緑果オリーブオイル

  • Posted by: Non
  • 2018-12-02 Sun 14:33:24
  • 料理
 

代わり映えのしない、休日の朝食


0S1W7187.jpg 






0S1W7180.jpg 



だけど、今日はとても楽しみにしていたものがありました。




0S1W7192.jpg 


緑果オリーブオイル
この季節になると発売になる、まだ若い実を搾って作ったオイルです。

とてもサラサラしていて、風味も少し緑っぽい熟していない味がします。
サラサラなので、ドレッシングのオイルとしてとても良い感じです。




0S1W7190.jpg 


本当は、とてもきれいな黄緑色なんですけどね、
いちろうの頭みたいな(笑)
黄緑、出すのが難しいのです。
小鳥を取り始めた頃、いちろうの色も「むずかしいなぁ」って思っていました。




0S1W7199.jpg 


小豆島の会社で作られているオイル。
これはスペイン産です。
小豆島産は売り切れ。なんと小豆島産はこの大きさで5,000円ほどするんですよ。。。
私はスペイン産で十分楽しめるので、これでOK!

2本買ったので、しばらく楽しいオリーブオイル生活です。






ウェッジウッド PERSIA

  • Posted by: Non
  • 2018-11-17 Sat 21:12:42
  • 料理
 
今年の夏は猛暑のせいか、お店でコリアンダーを見かけることはありませんでした。
最近、ようやく目にするようになり、うれしくて金曜日につい1束購入→当然使わなければならない。

あまり夕食はちゃんと作らないのだけど
休みだし、コリアンダーもあるし・・・ということで
マッサマンカレーを作りました。



0S1W7017.jpg 


マッサマンカレーは、レッドカレーをベースにして
そこにタマリンドソースを入れて私は作ります。

マッサマンにはピーナツが付きものですが
大好きなタイ料理のお店で食べたら、かなりピーナツバターが効いていた。
「こう来るんかぃ!」ってことで、
今日はピーナツバター多め、ココナッツシュガーやや多めで作ると
少し甘めのおいしいマッサマンができあがり。



で、コリアンダーを使いたいためにタイ料理なのだけど、
他が・・・・




0S1W7020.jpg 


クリスマスツリーは立ってる、
なのにワインはボジョレー。
なんやねん、これは?!
季節はいつやねん?!(笑) 雑な・・・




0S1W7015.jpg 

スペアリブの簡単(雑)な料理。
ワインビネガーがなかったので、
ウイスキーとお酢で味付けるという適当さ。


******************************

このお肉料理にぴったりの器は、ウェッジウッドのペルシア。
プレート大・小とコーヒーカップ各5つを
ほぼ全てロンドンで揃えたシリーズです。


ロンドンで、なんとなく気に入って見ていたけど買わなかった私に
夜、相方が「あのお皿買わないの?」と。

「旅ってさ、帰ってから『あれも買った、これも買った』っていうのもいいものだよ。
ぼくだったら、あのカップは書斎の棚に飾っておきたいかな」

「じゃあ、明日買おうかな」

帰国当日の昼間にお店に見に行ったら、1軒目は思う数量がなかった。
急いでもう1軒へ。
そこで堰を切ったように購入。それをロンドン在住の相方はにっこりして見ていた。
そして「彼女、これから飛行機で日本へ帰るから、しっかり包んであげてね」と
ピュアなアメリカ英語で話してた。
なんかそこだけ私の耳には日本語で聞こえてたな(笑)


今はコペンハーゲンの方が多くなった気がするけれど、
すべて5つで揃っているのはウェッジウッドだけ。
私の原点のお皿なのです。



Index of all entries

Home > 料理 Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top