FC2ブログ

Home > マメルリハ Archive

マメルリハ Archive

あけましておめでとうございます

 

0S1W7627.jpg 


あけましておめでとうございます。
ぼくです。いっちゃんです。
今年もよろしくお願いします。





0S1W7631.jpg 


あけましておめでとうございます。
名前負けしていないと言われるスワロフスキーです。

みんなこの名前を聞くと、一応に「おぉ!」と言うのよね。

でもあたしは気に入ってるのよ。
今年もスワロフスキーをよろしくです。

 


あけましておめでとうございます。
年末に風邪をひき、12/30,31は38度超えでダウン。
奇跡の回復で1/1は実家へ行き小鳥を引き取り
1/2は体力不足でまた家から出られず・・・

この9連休にいろいろやることは諦めました。
とりあえず、全然体力が無くてなにも出来ないので
全日療養を掲げました・・・


まぁ、救いは12/31をもって熱が下がったということ。
ダメなものは全部2018年に置いてきたということにし、
治り次第ロケットスタート(説得力無い・・・)します。


あぁ、体力も年々下がりますねぇ。
もともと体激弱、抵抗力なし、戦う戦士不在の私ですから。
料理したいよ〜〜〜




小鳥、それぞれ

 
けっこう好きないちろうの写真、
もうアップしたことがあったと思うのに、
使っていなかった?

ということで11月中頃のいちろう


0S1W7002_20181225175026811.jpg 


どーん☆
いっちゃん、真正面(笑)


小鳥たちはいま、実家にいます。
12月23日から東京だったので、小鳥たちは実家へ。
それほど預ける必要の無い時間帯での東京だったけど
年老いた両親の様子見と、親たちも少し変化があった方が良いかなと思い
まぁ、孫を連れて行ってる感じです。



0S1W6996_20181225175024f90.jpg 


「ぼくをかわいがってくれる人、全員大好き!」のいちろうは
羽をぱたぱたさせながら、覚えた言葉を片っ端から勇ましくしゃべり、
自分を猛アピール(笑)


一方スワロは、先代女子さくらと同じで
不穏な空気を察知し、手のひらにぺったんして降りてくれない。
「この人、もうすぐいなくなる。わたし、置いていかれる」
そんなことを思っているのでしょう、たぶん。


けれど今やスワロも両親とちょこちょこと遊ぶようになり、
恐れられていた数年前はどこへやら。
幸せ小鳥です。



今日まで年休でした。
明日から数日、ゴォォォーっと仕事します!

みなさま、よいクリスマスを☆


0S1W7426.jpg  






あさごはん



0S1W7099.jpg 


平日は、朝ごはんを準備するときに、小鳥の野菜も準備します。
いちろうはそのまま。
スワロは刻んだりすり下ろしたり。


きまぐれスワロは
にんじん、豆苗、ブロッコリーが好き。
だけど食べるときもあれば食べないこともあり
みじん切りを食べるときもあれば
プイッとしてすりおろしたときだけ食べることも。


ブロッコリーは、つぶつぶと茎を少し刻んでみると
ほんのちょっとで意外に多い。



0S1W7104.jpg 


小鳥を起こして、リビングに連れてきてからごはんの用意。
横では早く欲しくてうろうろ、ビービーの小鳥たち(笑)

すべて右側がスワロ用。




0S1W7105.jpg 


「はい、どうぞ」で勢いよく食べる小鳥たち。
しばらくこぼさせておいてから、新聞紙の交換。



0S1W7107.jpg 

スワロも、やっぱりシードが好きで
不便なくちばしで食べる食べる。
特に上に粉砕したおいしいものが乗っているから、まずはそこから。



0S1W7108.jpg 

スワロ、おいしい?


くちばしがほぼフィンチのような形なので、
ケージを上がるときには飛んで上がり、
下がるときには、足だけで器用に網を滑り降りています。

先生も様子を見ながら、伸びてくる下くちばしを
本来の形に近くカットしてくれています。




休日は、小鳥たちの朝ごはんが終わってから、私の朝食。


0S1W7067.jpg 

ストウブが多いわが家ですが、実は原点はフィスラーで、
フィスラーが並ぶこともあります。
やっぱり一番使いやすいのがこの2つ。
おせちの料理とか、多くのものを連続で作るときなどは、
ほぼステンレス鍋ばかりです。

しかし、ステン鍋はフィスラーだけでなく、
ビタクラフトもいます(笑)


0S1W7089.jpg 

ビタクラフトのYUKIHIRA(ユキヒラ)。
これはもう、使いやすい形。
私はきっと、底が丸いのが好きなのね・・・




0S1W7131.jpg 


わが家のビタクラフトさん。
ほんとうはもうひとつあったのだけど、
スーパーの廉価版でIHで使えず、引っ越すときに手放しました。


そんなステン鍋での朝ごはん。
やっぱりお米はストウブです。


0S1W7115_20181124142627d15.jpg 


0S1W7127.jpg 




一緒に暮らすと似てくるね

 

スワロはうちに来た頃、
全然大きな声で鳴かない子だった。
小さな声で「スー」とか「キュー」とか鳴く子。

そんな子が3年経つと、とても大きな声で気持ちよさそうに鳴くようになった。
「スワちゃん、元気だね〜」なんて声を掛けながら病院に向かう車の中。
車でも、ごきげんそうに、大きな声でさえずる。


その鳴き方って、いちろうに似てるんだよね(笑)
そして、そのいちろうは、先代女の子、さくらの鳴き方を真似てそっくり。
結局、うちのマメさんたち、さくらの鳴き方になっちゃった(笑)




さて、いちろう。

0S1W6653-s.jpg 


新聞敷き詰めた変な部屋で申し訳ないのですが・・・


いちろうはケージから出ると



0S1W6654-s.jpg 


スワロのおうちにまっしぐら・・・
血の気の多いスワロがすぐに応戦するからハリソンでガードしていても




0S1W6656-s.jpg 

ちょっとちょっと!



0S1W6658-s.jpg 

ちょっとちょっと



0S1W6687-s.jpg 

隠れてるし(笑)



0S1W6697-s.jpg 

こらこら〜〜〜

これぐらいのガードでは、油断も隙もありゃしない


スワロなんか、私の膝でずーっとうっとりなのに・・・
と思ったら、時々ブババババーと飛んでいって



 0S1W6701-s.jpg

ビチュビチュビチュ!!!





0S1W6702-s.jpg 

 ビビビビビビ





0S1W6712-s.jpg 


あなたね、そんなにハリソンの袋が憎い?(笑)



対象は違うけど、同じ事やってるな〜と思うこの頃。
それがほのぼのとしていて、平和です。


みんな帰ってきました!

 

0S1W6556-s.jpg 


ちらりーん
ムキエサの陰からのぞくいちろう。



0S1W6560-s.jpg 


ちょいと大きな仕事も終わり、各所に預けていた小動物たちも回収に行き(?)
みんなわが家に戻ってきました。



0S1W6559-s.jpg 



1週間たつと私を忘れてしまういちろうも
2日目からちゃんと思い出して生活しています・・・


とは言っても、友達から
「思い出すというより、新しい飼い主が出来たと思ってるんとちがう?」って言われて
「え、それ?!」といちろうと生活して9年で初めての衝撃(笑)


そそそ・・・そうなんだろうか(笑)



その頃女の子は


0S1W6573-2.jpg 



かわらずドンと構え、私を忘れることもなく、
さらに母の指にも乗せてもらうようにもなるという進歩。

父も母もスワロを怖がって全然触れず、ケージの外からくちばしをぺしぺし撫でてもらっていたのに
今は母がケージ外から撫でる指に無理やり乗るという甘えよう。


「指に乗ってるやん!」というと
「前からよ」と、母まんざらでもなさそう(笑)


動物って、人と人との会話を増やしてくれる。
私の場合出張が多いので、小鳥が来てから実家によく預けに行くようになり、
みるくが来てから、姉の家にしばしば行くようになった。
本当にありがたいこと。




0S1W6572-2.jpg 


スワロは朝から逆さインコ中。





0S1W6574-2.jpg 


逆さインコすると、あくびが出ちゃうようですが




0S1W6579-s.jpg 


それでも逆さインコ!




0S1W6582-s.jpg 


いちろうもスワロも激しかったトヤのあとで、ややボサボサ気味。




0S1W6586-s.jpg 


呼びかけると、羽ぱたぱたのお返事

そして・・・・



0S1W6587-s_20181006111943760.jpg 


あの黄色い尾羽は、生えてこないようです(笑)

幼少の頃からの1本の黄色だけでした。
以上、小鳥たちの近況でした〜〜。


Index of all entries

Home > マメルリハ Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top