Home > マメルリハ Archive

マメルリハ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

いいのか悪いのか


いちろうとスワロ。

前の女の子、さくらが鳥男子には見向きもしなかったので
いちろうも鳥女子と仲良くなる雰囲気はなくなった・・

スワロが来た当初、やっぱりお互い気になるみたいで・・・



0S1W0636.jpg 


何気なく歩いていても




0S1W0637-2.jpg 

どちらともなく、始まってしまう・・・・






0S1W0640_20160905202007c56.jpg 

ただ見ているだけなのに・・・





0S1W0641_20160905202009c24.jpg 

そこににんじんがあるだけなのに・・・





0S1W0642_2016090520201108c.jpg 

始まってしまう・・・






目が離せないので、キャリーの底で隠してみた(笑)


IMG_1333.jpg 






IMG_1334.jpg 


なぜか申し訳ない気になった・・・





布で隠してみた。

IMG_1424.jpg 







IMG_1425.jpg 


あぁ、もう、好きにやってくれ!!!




1年前、
毎日がこんなのでした。

スワロがやってきた2

 
新幹線に乗せ、大事に大事につれて帰ったスワロ。

ケンカっ早い、負けず嫌いと聞いていたものだから
当初いちろうのケージとは離して置いていた。

まぁ、お互い突然知らない者がいたらびっくりするでしょう。



IMG_1248.jpg 



小鳥がいるのは、LDKのリビングスペース。
いちろうは、いつも通りリビングなので、
スワロはダイニングスペースに。

スワロのおうちは、さくらが使っていたもの。
ただ、かじり木コーンはそのまま使えず、
今でもさくらが使っていたものは取ってある。

同時に、水入れ、餌入れも新調。



やがて、お互い「見たことのない子がいる」と認識した頃、
スワロをリビングスペースに置いてみた。

ただしケージは50センチほど離して。



IMG_1250.jpg 

トコトコトコ・・・





IMG_1251.jpg 


ん?小鳥の声?
だれ?






IMG_1252.jpg 


んん??
だれだ、あの白い子?







IMG_1539.jpg 


きみ、だあれ?

あたし、スワロよ。
ここはどこなのかしら?




こうして、愛知で豪華冷暖房完備、冷蔵庫・食洗機・水道完備の
(うちの寝室より広い)小鳥部屋で、ときどきお隣の
オバマ・ミシェル黒ボタン夫婦とケンカしてくらしていたスワロは
緑男子がいるわが家にやってきたのでした。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

スワロがやって来た1

 

「こんなん言っていいのか分からんけど、スワロ連れて帰らへん?
代わりになるとは思ってないけど、気持ちを落ち着かせるものも必要よ」





そう言われた時、何もさくらの代わりにはなれない、無理...って泣けた。


仕事が忙しくて、一段落付いたら遊びに行くと言っていたcup家に
結局傷心の旅のように行くことになった昨年の夏。

羽ちゃんは、その後何も言わないまま、
「はい、スワロ」と白いすーちゃんを手に包ませてくれた。



スワロのことは、ずっと前から知っていた。
でも「怖い」「噛む」と言われて、前は一度もさわれなかった。
すーちゃんって、こんなに小さかったっけ。

手の中で小さくキューキュー鳴く女の子は、やっぱりかわいかった。



家に帰ってから、いろいろ考えた。
女の子がいる暮らしっていいな・・・


実は、さくらがいなくなってから、いちろうも変わってしまった。
あんなに好きだったおやつバスケットも思い出さない。
決してさくらと仲が良かったわけではないけど、
心なしかさみしそうにぽつんとしている。
そんないちろうをひとり置いて、私は仕事に行かなければならない。

いちろうには、いつもさくらが一緒だった。
ケージを隣に置いて、実家に預けるときもいつも一緒だった。
鳴き方まで、いちろうはさくらそっくりになって、私でさえ時々聞き分けられなかった。

そのさくらがいないと、いちろうも心もとなくなっている。
もう違う鳥になってしまったみたい。
同時に2羽失くした気になった。
たまらなかった。


羽ちゃんに、おそるおそる、スワロを迎えたいと言ってみた。
でも「欲しい」とは言えなかった。
だって、大切な小鳥。
精一杯言ったのが、「すーちゃんを貸してもらえない?」という言葉。



「もちろん!最初から言ってたやん。さくらちゃんに似てるからって」




そうして、再びcup家をたずね、持参したキャリーにスワロを入れてもらい、
気に入っていたブランコ、オリンピックリング、鈴とエサもお嫁入り道具として入れてもらった。



あと少しで名古屋駅に着くときに

「言っておきたいことがあるねん」と羽ちゃん。



「渡した以上、何があっても、たとえ明日スワロに何かあったとしても
私はそれがスワロの運命だと思ってる。
だから、スワロに何かあっても、決して私に悪いとは思わないで。
他の人には絶対に渡さなかった小鳥よ。
がんばってね」




涙が出た。

こんな大切な小鳥を、
私は友人のためにポンと渡すことができるだろうか。


長年なじんだ家を離れて、
突然京都に来ることになったスワロ。


絶対絶対幸せにしようと誓った。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ごぶさたしています


たいへんご無沙汰しています。
もう1年以上更新していないブログですが、それでもお越し頂ける方があることに
心で感謝しながらそのままになっていました。




これは1年ほど前の写真ですが、好きな写真なので・・・

11224377_10206250117467238_7767266493456788807_n.jpg 


黄色化進むこのお方は、最近口周りや目の周りにももっと黄色が出てきました。
 やっぱりお父さん似。
黄色の出方が、昔のお父さんそっくり。

そのうち、緑の目出し帽も全体が黄色くなるのかもしれません。


11056073_10206250098146755_385454537759939240_n.jpg 












そして、ずっとお知らせできなかったこと。


今、わが家にはこんな子がいます。





12096251_10206980899136323_491315553453067548_n.jpg 




ブルーパステルの女の子です。

今はこの2羽になりました。
もう1年ちょっと前のことです。



私の気持ちが落ち着かず、ブログも見られず、
こうしてご報告することが出来ませんでした。

今でも気持ちが落ち着いたわけではありません。
だから、詳しいことを書くだけの心の強さがないので、
コメント欄は閉じさせてもらいますね。





ブルーパステルの女の子、いちろうと同じ家(ちっちゃいくちばし家)出身の
スワロスフキーです。

覚えている方、いらっしゃるかな・・・(笑)
もう一昔前のことになっちゃいましたもんね。



【スワロご参考】
petitesbec.blog26.fc2.com/blog-entry-95.html


ケンカっ早くて、「スケバン」と呼ばれた子ですね(笑) ウフフ






悲しみに暮れ、泣き倒した私に、
「さくらちゃんとそっくりな子がいるから、連れて帰らない?」と
大切なスワロを羽ちゃんが渡してくれました。





12509680_10207496873035348_6973919321092161007_n.jpg 


そして1年。相変わらず年上に振り回される運命のいちろうと
スケバンスワロのコンビで暮らしています。






12510500_10207496874515385_8982718182640545755_n.jpg 






どの写真も1年ぐらい前のものでした。
当時トヤで、ややぼっさりしていたスワロも、
ふわふわふさふさになりました。
カメラを怖がるので、あまり写真は撮れないのですが・・・



またぼちぼち更新していきます。


 

小鳥は超高級ないきもの?


ある日の話。



同僚が「今日みたいな寒い日は、小鳥のために暖房つけっぱなし?」と聞いてきた。

「いや、今出張続きで1ヶ月預けっぱなし・・・」


そこから、インターネットを使って、私のインコ図説が始まった。
うちの鳥はこんなんでこんなんで・・・云々。


「めずらしいのになると、数万円のものもいるんだよ」って話から、

同僚:「じゃ、1羽35,000円として、体重は?
私:「さくらは26gぐらい」。



そこで、同僚の電卓動いた。

カチャカチャ・・・「おぉ!」


なにかと聞けば、1羽35,000円としたら、26で割ってグラム1,346円。
100gに換算すると134,600円。近江牛どころの騒ぎじゃない高級さじゃないか!とこういうこと。

は?



そして、また電卓が動いた。

カチャカチャ。「おぉ!!」



今度はなによ?

同僚:「いや、それなら2トンに換算すると26億9200万円。
フェラーリがどんなに安いかということが分かるね」と。


はぁ??



ふたたび電卓が動いた。

カチャカチャ・・プッ。



今度は笑ってる???


同僚:「いやいや、1トンで2,000万の車なら
1グラム20円だぞ。そのインコ、なんて高級な鳥なんだ!」と。


そして

同僚「時計が高いとか、フェラーリが高いとか言うけどさ、
こうやってみるとかわいいもんだろ。鳥に比べれば。
車ぐらい鳥を買うと26億するんだぞ」だって。


そして、じゃぁ、鳥以上に高いモノは?と探した

金 1g 5,000円。


「やっぱり金は高いよね」という結論に至った私たちでした。




0S1W2259.jpg 

早くお迎えに行きたいな。
あと2週間。





Index of all entries

Home > マメルリハ Archive

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。